徳島県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 阿井(あい): 徳島県那賀郡那賀町阿井
・ 那賀川中流左岸に位置する。古くは相原と称していたが、この相を阿井に改めたといい、藤原良光の孫良延の系図記録に「相原ヲ阿井村ト号ス」と見えるという。【角川日本地名大辞典】

■ 藍住町(あいずみちょう): 徳島県板野郡藍住町

■ 鮎喰(あくい): 徳島県徳島市鮎喰町

■ 穴吹(あなぶき): 徳島県美馬市穴吹町穴吹

■ 阿部(あぶ): 徳島県海部郡美波町阿部

■ 一宇(いちう): 徳島県美馬郡つるぎ町

■ 犬墓(いぬのはか): 徳島県阿波市市場町犬墓

■ 犬伏(いぬぶし): 徳島県板野郡板野町犬伏

■ 猪尻(いのしり): 徳島県美馬市脇町大字猪尻

■ 大歩危(おおぼけ): 徳島県三好市

■ 落雷(おちらい): 徳島県阿南市

■ 鬼籠野(おろの): 徳島県名西郡神山町鬼籠野

■ 雄(おんどり): 徳島県那賀郡那賀町雄

★ 

■ 学(がく): 徳島県吉野川市川島町学(がく)

■ 北島(きたじま): 徳島県板野郡北島町

■ 府中(こう): 徳島県徳島市国府町(こくふちょう)府中(こう)。
・ 国府の所在地であるが、その「こくふ」が「こう」になり、それに「府中」の字をあてた。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 十八女(さかり): 徳島県阿南市

■ 桜間(さくらま): 徳島県名西郡石井町高川原桜間。徳島県徳島市国府町桜間。

■ 佐藤塚(さとうづか): 徳島県板野郡上板町佐藤塚

■ 白鳥(しろとり): 徳島県名西郡石井町石井白鳥

★ 

■ 椿(つばき):  徳島県阿南市椿町

■ 椿泊(つばきどまり): 徳島県阿南市椿泊町

■ 徳島県(とくしまけん): 徳島の地名の由来

★ 

■ 

★ 

■ 檜曽根(ひそね): 徳島県那賀郡那賀町桧曽根

■ 昼間(ひるま): 徳島県三好郡東みよし町昼間

■ 広島(ひろしま): 徳島県板野郡松茂町広島
・ 旧吉野川・今切川が曲流する部分の沖積州に立地し、交通の要衝として知られる。地名は中州である地形にちなむ。当地の産土神春日神社は天正年間の創建と伝え、戦国末期頃から開発が行われたものと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 琵琶首(びわくび): 徳島県徳島市大谷町琵琶首

■ 五倍木(ふしのき): 徳島県那賀郡那賀町

■ 法花(ほっけ): 徳島県徳島市

★ 

■ 南島(みなみじま): 徳島県名西郡石井町高川原南島

★ 

■ 木綿麻山(ゆうまやま): 徳島県吉野川市

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示