沖縄県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 沖縄県の県名の由来 ・ 沖縄県の難読地名・珍地名 ・ 沖縄県の地名集

★ 沖縄県の名字の特徴

# 宮城という名字は宮城に少なく沖縄に多い(^o^)

# 沖縄の名字の分布は内地とは全く別物。

# 比嘉(全国の約87%)、新垣、島袋、知念、仲宗根も全国の85%以上は沖縄にいる。

# 江戸時代初頭に琉球王国を支配した島津家は、琉球人であることを明確にするため、「大和風の名字の禁止」を打ちだし、「前田」は「真栄田」、「船越」は「冨名腰」などに改姓させたので、いわゆる内地風の名字は少ない。

# 沖縄の名家と言えば、琉球王家の「尚」氏。他には「照屋

【沖縄県らしい名字】

# 沖縄には「城」がつく名字が多い。琉球語では「ぐすく」と読むが今は「しろ」読みの名字が多い。「金城(きんじょう)」「大城(おおしろ)」「宮城(みやぎ)」。「志良堂

# 珍名と言えば、、、、、内地から見れば多くは珍名なのだが、あえて言えば「阿波根(あはごん)」「下門(しもじょう)」「平安名(へんな)」「平安山(へんざん)」などがある。

# 東江

大和めきたる名字の禁止令
沖縄では1624年に薩摩藩が「大和めきたる名字の禁止令」を出し、その結果、前田は真栄田、福原が普久原、横田が与古田などに変えた。中村仲村に変えた? 

・ 沖縄県特有の名字集

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 比嘉(ひが)

■ 2位: 金城

■ 3位: 大城

■ 4位: 宮城

■ 5位: 新垣

■ 6位: 玉城(たまき): 沖縄県の玉城家

■ 7位: 上原

■ 8位: 島袋

■ 9位: 平良(たいら): 沖縄県の平良家

■ 10位: 山城

■ 11位: 知念

■ 12位: 宮里

■ 13位: 仲宗根

■ 14位: 下地

■ 15位: 照屋

■ 16位: 砂川

■ 17位: 仲村(なかむら): 沖縄県の仲村家

■ 18位: 城間

■ 19位: 新里(しんざと): 沖縄県の新里家

■ 20位: 新城


■ 伊江(いえ): 沖縄県の伊江家

■ 泉(いずみ): 沖縄県の泉家

■ 糸数(いとかず): 沖縄県の糸数家

■ 上江州(うえず): 沖縄県の上江州家

■ 上地(うえち): 沖縄県の上地(うえち)家

■ 内間(うちま): 沖縄県の内間家

■ 大宜味(おおぎみ): 沖縄県の大宜味家

■ 奥間(おくま): 沖縄県の奥間家

■ 小禄(おろく): 沖縄県の小禄家

■ 神村(かみむら): 沖縄県の神村(かみむら)家: 久米系。

■ 嘉陽(かよう): 沖縄県の嘉陽家

■ 喜屋武(きゃん): 沖縄県の喜屋武家

■ 久護(くご): 沖縄県の久護家

■ 崎間(さきま): 沖縄県の崎間家

■ 尚(しょう): 沖縄県の尚家

■ 下茂(しも): 沖縄県の下茂家

■ 新盛(しんもり): 沖縄県の新森家: 西表島祖納の旧家。

■ 高良(たから): 沖縄県の高良家

■ 豊見城(とみぐすく): 沖縄県の豊見城家

■ 名嘉山(なかやま): 沖縄県の名嘉山家

■ 永山(ながやま): 沖縄県の永山家

■ 今帰仁(なきじん): 沖縄県の今帰仁家

■ 根路銘(ねじめ): 沖縄県の根路銘家

■ 辺土名(へんとな): 沖縄県の辺土名家: 尚王家庶流

■ 銘苅(めかる): 沖縄県の銘苅家

■ 読谷山(ゆんたんざ): 沖縄県の読谷山家

■ 義村(よしむら): 沖縄県の義村家: 尚王家の一族。

■ 与世山(よせやま): 沖縄県の与世山家

■ 与那国(よなぐに): 沖縄県の与那国家: 八重山郡竹富島の旧家。

■ 与那城(よなしろ): 沖縄県の与那城家: 尚王家の一族。

■ 与那覇(よなは): 沖縄県の与那覇家

■ 与那嶺(よなみね): 沖縄県の与那嶺村(沖縄県今帰仁村)をはじめ、沖縄県内に与那嶺の地名が多い。 

■ 和宇慶(わうけ): 沖縄県の和宇慶家


■ 沖縄県の地名をルーツとする名字

■ 沖縄地方の名字の特徴

■ 沖縄県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示