前田家の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 前田家: 「前田」の名字の由来   

# 代表家紋: 花橘加賀梅鉢

・ 前田利家: 加賀梅鉢紋(剣梅輪内)菅原道真の子孫を称する前田家は、北野天満宮の星梅鉢紋を用いていた。豊臣秀吉から「紋」を貰ったという。

・ 前田利家: 「梅鉢紋」「五七桐紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

・ 前田玄以: 「五七桐紋」「花橘紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

・ 前田夕暮(歌人): 「梅鉢紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

・ 藤原姓: 「檜扇紋」「三階松紋」「井桁紋」「花菱紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

・ 藤原姓: 「梅鉢紋」「菊紋」「桐紋」「三階松紋」「撫子紋」【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

# 前田【出典

 ヾ阜県安八郡神戸町大字前田/藤原北家利仁流斎藤氏族: 「花橘紋」「丸に撫子紋」「五七桐紋」「蛇の目紋

※ 斎藤伊予房玄基の孫の利世が前田孫四郎を称す。前田玄以織田信長に仕え、豊臣政権下では五奉行の一人。子孫は江戸時代には旗本

◆^γ慮名古屋市中川区荒子/菅原氏族: 「丸に剣梅鉢紋」「丸に梅鉢紋」「加賀梅鉢紋」「丸に星梅鉢紋」「五瓜に梅鉢紋」「五七桐紋」「丸に五三桐紋

※ 一説には美濃国の藤原姓前田氏の一族という。前田利家が出た。

 三重県四日市市前田町/穂積姓宇井氏族: 「丸に丸の字紋」「稲の丸に丸の字紋」「稲の丸紋」「抱き稲紋

※ 熊野新宮宇井判官兼純の後裔民部重次が前田氏を称した。

ぁ‘猯標奈良市登大路町/菅原姓高辻家流: 「剣梅鉢紋」「丸に右三階松紋

※ 高辻長量の子の左少弁長春を祖とする地下家で一乗院の諸大夫を務めた。江戸時代には高家

ァゝ都府京都市上京区/藤原北家押小路流: 「剣六つ丁子紋」「六つ丁子紋」「丸に剣片喰紋

※ 押小路公音の次男の玄長が幕府に召されて、高家として仕えた。先祖の三条西実条が前田玄以の娘を妻としていたので前田氏を称した。

Α(叱妨神戸市須磨区天神町/橘氏族: 「丸に橘紋」「丸に蔦紋」「丸に違い鷹の羽紋」「菊水紋

※ 神功皇后の時代から続く名家。

А〆寛豸杵島郡江北町大字上小田/出自は不詳: 「丸に橘紋」「丸に違い鷹の羽紋」「丸に剣花菱紋」「丸に梅鉢紋

※ 肥前国の千葉氏の家臣にみられた。子孫は佐賀藩士

# 前田家【出典

・ 加賀梅鉢紋(かがうめばちもん): 前田家は尾張国荒子の荒子城を本拠とした小領主の出。前田利家織田信長に仕えて家督を継いで、のちに加賀藩の祖となった。二代藩主の前田利常のころから「梅鉢紋」を家紋とした。前田家は菅原道真末裔を称し、道真が愛した梅を図案化した家紋を前田家も使用した。加賀藩が領地とした北陸地方一帯は、古くから菅原道真を祀った天神信仰が盛んな土地柄。前田家が菅原道真を末裔を称したのも、統治の安定が目的だったと言われている。

家紋の図柄

統計表示