「南条」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 南条(なんじょう)

【2021/02/25:新載】

# 伊豆国田方郡南条発祥は、藤原南家工藤氏族および桓武平氏北条氏族で同地の大族。戦国時代の後北条氏の侍大将の南条重長は宇多源氏の佐々木氏族と言われる。伯耆国河村郡南条発祥で伯耆国の羽衣石城主は戦国大名で、今の東伯郡東郷町や羽合町を根拠とした。出自は、名和氏族、平姓と多説ある。他に下総国の千葉氏族。代表家紋は「上り藤紋」「揚羽蝶紋」。【出典】【家紋のデータ】 

# 南条家(なんじょうけ): 家紋「夕顔紋

・ 伯耆国羽衣石(鳥取県湯梨浜町)を本拠地とした。

・ 宇多源氏の佐々木氏の一族の塩治(えんや)氏の末裔。羽柴秀吉に属したが、関ヶ原の戦いで西軍に属し、所領を没収された。【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示