山梨県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ (旧)甲府藩(山梨県甲府市

・ 江戸時代になって、甲府には徳川家の家門が入ったが、甲府宰相綱豊が家宣として将軍家を嗣いだ。

・ その後、五代将軍徳川綱吉のもとで権勢のもった側用人柳沢吉保が15万石で入ったが、吉宗の時代になって、大和国郡山藩として転封した。

・ その後は幕府領として幕末を迎える。

# 慶安4年から笛吹川以西の約15万石は徳川綱重の厨料となった。寛文元年閏8月、綱重が先の約15万石のほかに武蔵国・近江国・信濃国・駿河国のうちで10万石を加増されて25万石となり、甲府に封ぜられ、甲府藩を立藩。延宝6年9月の徳川綱重の没後藩主となった子の甲府中将綱豊は、その翌年近江国・信濃国・和泉国のうちで10万石を加増されて累計35万石を領有した。綱豊は貞享元年から残りの検地を進めて通計5万石余の出高を打ち出すが、宝永元年12月将軍綱吉の世子として江戸城西の丸に入ったため、綱吉の寵臣柳沢吉保が甲斐国3郡・15万石余を受封した。幕閣で絶対権をふるった吉保が宝永6年将軍綱吉の死によって致仕後、長子の甲斐守吉里が襲封する。柳沢氏は祖先の出身地である甲斐を永領すべく、父子2代にわたる20年間を藩政の充実に努め、笛吹川以東の旗本知行地跡を中心とする検地、甲府城の壮麗化、諸制度と城下町甲府の整備、文化の奨励などを行ったが、享保9年3月吉里が大和郡山へ転封を命ぜられて甲府藩は廃藩となり、以後甲斐一国は幕府領と三卿領とになって幕末にいたった。【出典


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示