「ささべ」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「さ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 笹部(ささべ)

【2014/03/26:改編】

# 4168位

# 全国に約2900人【全国分布

# 兵庫県:979位、徳島県:1355位、大阪府:1357位など。

# 仁徳天皇名代である雀部(ささきべ)氏に由来する。

# 兵庫県西宮市から大阪府豊中市に多くみられる。

# 摂津国川辺郡佐々部村(兵庫県川西市)をルーツとする?

# 戦国時代に備前国赤坂郡(岡山県)に笹部氏がおり、茶臼山城を本拠とし浦上氏に仕えた。 

# 「笹部」の主な地名

■ 雀部(ささべ)

【2014/03/26:改編】

# 12946位

# 全国に約500人【全国分布

# 古代豪族雀部氏清和源氏などにみられる。

# 雀部は古くは「ささきべ」と読み、「佐々木」の名字とも関連があるようだ。

# 私の知り合いに「雀部」という名字の方がおられます。その方曰く、「元々は、豊臣秀頼の家臣の雀部淡路守(「雨月物語」に出てくる)だということです」とのことです。そこでちょいと調べてみたら以下のようなことが判明。

# 野鳥に「ミソサザイ」というのがあり、「鷦鷯」という漢字が当てられるようだ。その「鷦鷯」は古代には「雀」という漢字が与えられていたとか。そこから古代姓「雀部」が生まれたようだ。
※ ところで、この「鷦鷯」は仁徳天皇そのものを表すのか?

また、豊臣家と雀部淡路守の関係を調べたら、
(1) 覚悟した秀次は、沐浴して身体を清め、介錯を「雀部淡路守(ささべあわじのかみ)」に担当させて切腹。→どうも秀次の家臣(小姓?)でもあったようだ。
(2) 雀部淡路守(雀部 重政): 豊臣秀吉の家臣で千利休の弟子。清和源氏か阿波の雀部の流れと言われている。

# 古姓。仁徳亭名代部で、諱(いみな)・雀(ささき)を採ったという。
自称清和源氏支流。【代表家紋: 「剣花菱」「三菱」】

# 「雀部」姓は、孝元天皇の子孫という出自になっていました。【出典

# 「雀部」の主な地名

# 旧石田村: 滋賀県守山市。はじめ幕府領観音寺代官支配地・上野前橋藩酒井氏・旗本雀部氏に分領。【出典

# 旧入町村: 滋賀県野洲町。江戸期は、旗本雀部氏領。【出典

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示