古代・中世の歴史
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 弥生時代には、人口2000人程度の小国が日本全国に作られ、それらの小国を支配した首長の子孫の多くは、大和朝廷に従って国造という地方官とされた。大宝律令に基づいて、中央から下った国司が地方を治めるようになると、国造の子孫たちは郡司になった。【日本人なら知っておきたい 名家・名門 武光誠 河出書房】

■ 天皇家の先祖にあたる最初の大王(おおきみ)は、紀元220年頃に奈良盆地南東部の纏向に現れたと考えられている。【日本人なら知っておきたい 名家・名門 武光誠 河出書房】

■ 平安時代半ばには、古い時代に大和朝廷で活躍した蘇我氏、物部氏、大伴氏といった古代豪族が衰退していった。そして、平安時代末期には、上流貴族は藤原氏と公家源氏だけになった。【日本人なら知っておきたい 名家・名門 武光誠 河出書房】

■ 続日本紀文武天皇元年(697年)
# 今年の田祖(田にかかる税、大宝養老の令では一段につき稲二束二把)・雑徭(ぞうよう・公民に課せられる労役、大宝・養老の令では年間60日以内)・庸(大宝・養老の令では年間十日、歳役ともいい、麻布などでの代納も可)の半分を免除し、また今年より三年間は、大税(おおちから・政府が国民に貸し付ける稲、利息は五割)の利息はとらないこととし、高齢の者をいたわり物をめぐんだ。
# 9月3日: 京人(みやこびと)の大神大網造百足(おおみわおおよさみのみやつこももたり)の家に嘉稲(めでたいいね)が生え、近江国は白いスッポンを献上し、丹波国は白い鹿を献上した。
# 冬10月19日: 陸奥(みちのく)の蝦夷(えみし)が、その地の産物を献上した。
# 12月18日: 越後の蝦狄(えみし)に地位に応じて物を与えた。
※ 北陸道では蝦狄、東山道では蝦夷と使い分けた。
# 閏12月7日: 播磨・備前・備中・周防・淡路・阿波・讃岐・伊予などの国に飢饉がおきたので、食料を与えた。また負税(出拳で借りた稲の返済すべき分)の取り立てをやめさせた。

■ 続日本紀・文武天皇2年(698年)
# 正月8日: 土佐国が牛黄(ごおう・牛の胆石で薬用)を献じた。
# 2月5日: 「車駕宇智郡に幸す」とあり、天皇が宇智郡に行幸された。
※ 宇智郡: 飛鳥時代から大和国にみられる郡名。
# 3月5日: 因幡国が銅の鉱石を献じた。
# 3月7日: 越後国が疫病の流行を報告したので、医師と薬を送り救済した。
# 3月10日: 諸国の郡司を任命して、以下の詔を出した。「諸国の国司は、郡司の選考に偏頗(へんぱ)があってはならない。郡司もその職にあるときは、必ず法の定めに従え、これより以後このことに違背してはならぬ。」
# 夏4月3日: 近江・紀伊の二国に疫病がはやった。医師・薬を送って治療させた。
# 4月13日: 務広弐(正七位相当)の文忌寸博士(ふみのいみきはかせ)ら八人を南嶋に遣わして、国を探させた。そのために兵器を支給した。
※ 南嶋とはどこのことだろう?
# 秋7月1日: 日蝕があった。
# 7月17日: 下野・備前二国が赤烏を、伊予国が白なまり(錫と鉛の合金)を献じた。
# 9月7日: 下総国で大風が吹いて、民衆の住居をこわした。
# 9月25日: 周防国が銅鉱を献じた。
# 9月28日: 近江国に金青(こんじょう・紺青とも書き、青色の顔料)を献上させた。伊勢国には、朱沙(すさ)・雄黄(ゆうおう)、常陸・備前・伊予・日向の四国には朱沙(すさ)、安芸・長門の二国には金青(こんじょう)・緑青(ろくしょう)、豊後国には真朱(まそほ)を献上させた。(いずれも顔料)
# 10月23日: 陸奥(みちのく)の蝦夷(えみし)が、その地の産物を献上した。
# 11月1日: 日蝕があった。
# 11月5日: 伊予国が白鉛(しろなまり)を献上した。
# 11月29日: 下総国が牛黄(ごおう・牛の胆石で薬用) を献じた。
# 12月5日: 対馬嶋司(つしまのしまのつかさ)に命じて、金の鉱脈を精錬させた。
# 12月21日: 越後国に石船柵(いわふねのき)を修理させた。

■ 続日本紀・文武天皇3年(699年)
# 2月22日: 天皇は難波宮から藤原宮へ還られた。
# 2月23日: 次のように詔された。「行幸の列に従う諸国の騎兵らの、今年の調(みつき)と役(えき)とを免除する。」
# 3月4日: 下野国が雌黄(黄色の顔料)を献じた。
# 3月9日: 河内国が白鳩を献じた。「河内国錦郷郡の1年間の田祖を免除せよ」と詔があった。また、めでたい瑞(しるし・鳩)をとらえた犬養広麻呂の戸(こ)に、租税負担を3年間免除し、更に畿内の徒罪(懲役刑)以下の罪を犯したものを赦免した。
# 3月27日: 巡察使を畿内に遣わして、政治上に誤りがないか検察させた。
# 夏4月25日: 越後の蝦夷106人に、身分に応じて位を授けた。
# 秋7月19日: 多ネ(種子島)・夜久(屋久島)・奄美(奄美大島)・度感(とく・徳之島)などの人々が、朝廷から遣わされた官人に従ってやってきて、土地の産物を献上した。身分に応じて位を授け、物を賜った。その度感島の人が、中国(日本をさし、中華思想の日本版)に渡来するのは、このときから始まった。
# 8月21日: 伊予国が白い燕を献じた。
# 9月15日: 高安城(たかやすのき)を修理した。
# 10月27日: 巡察使を諸国に遣わして、非法ないか検察させた。
# 11月1日: 日蝕があった。
# 11月4日: 文忌寸博士(ふみのいみきはかせ)・刑部真木(おさかべのまき)らが南嶋から帰ってきた。それぞれに、彼らの位を進めた。
# 12月4日: 大宰府に命じて、三野(日向国)・稲積(大隅国)の二城を築かせた。
# 12月20日: 初めて鋳銭司を設け、中臣朝臣意美麻呂をその長官に任じた。鋳銭司(じゅせんし・ちゅうせんし)は古代日本に置かれた令外官の一つで、銭貨鋳造をつかさどった。

■ 続日本紀・文武天皇4年(700年)
# 2月8日: 丹波国に命じて錫を献上させた。
# 2月19日: 越後国・佐度国の二国に、石船柵(いわふねのき)を造営させた。
# 2月22日: 巡察使を東山道に遣わして、非法を検察させた。
# 2月27日: 皇族・臣下や畿内に重ねて武器を備えるように勅を下された。
# 3月15日: 皇族・臣下たちに詔して、大宝令の読習を命じ、また律の条文を作成させた。
# 3月17日: 諸国に命じて牧場の地を定め、牛馬を放牧させた。
# 6月3日: 薩末(さつま)の比売(ひめ)・久売(くめ)・波豆(はつ)・衣評(えのこおり)の督(かみ)の衣君県(えのきみあがた)・同じく助督(すけ)の衣君弖自美(てじみ)、また肝衝(きもつき)の難波、これに従う肥人(くまひと・肥後国玖磨郡の人)等が武器を持って、さきに朝廷から派遣されたクニ国使(くにまぎのつかい)の刑部真木らをおどして、物を奪おうとした。そこで、筑紫の惣領に勅を下して、犯罪の場合と同じように処罰させた。
# 8月10日: 長門国が白い亀を献じた。
# 8月22日: 全国に赦免を命じた。ただし十悪を犯した者・盗人は赦免の範囲に入れなかった。高齢者は物を賜った。また、巡察使の奏状により、諸国の国司らに対しては、その治績に応じて位階を進めたり、封戸(ふこ)を賜った。
# 10月15日: 直大壱(正四位上相当)の石上朝臣麻呂を筑紫総領に任じ、直広参(正五位下相当)の小野朝臣毛野を大弐(筑紫総領の次官)、直広参の波多朝臣牟後閇を周防総領に任じ、直広参の上毛野朝臣小足を吉備総領に任じ、直広参の百済王遠宝を常陸守に任じた。
# 10月26日: 使いを周防国に遣わして、船を作らせた。
# 11月21日: 盗賊が全国各地で、たびたび悪事を行った。使いを遣わして追捕させた。
# 12月26日: 大倭国に疫病が起こった。医者と薬を下賜して、これを救わせた。

■ 続日本紀・大宝元年(701年)
# 2月4日: 詔して初めて下物職(おろしもののつかさ・官物の出納を監査する)を任命した。
# 2月16日: 泉内親王を遣わして、伊勢の斎宮(いつきのみや)に待らせた。
# 2月20日: 吉野離宮に行幸された。
# 2月23日: 民官(たみのつかさ・後の民部省)の戸籍を管理する吏(ふみと・書記官)らを任命した。
# 3月15日: 追大※の凡海(おおしあまつ)宿禰あら鎌を陸奥に遣わして、金の清廉をさせた。
# 3月21日: 対馬嶋が金を貢じた。そこで新しく元号をたてて大宝元年とした。初めて新令(大宝令)に基づいて、官名と位号の制を改正した。
# 3月26日: 丹波国で3日間地震が続いた。
# 夏4月1日: 日蝕があった。
# 4月12日: 遣唐使らが天皇に拝謁した。
# 4月15日: 幣帛(みてぐら)を諸社に奉納して、名山・大川に雨乞いをした。田領(たつかい・屯倉の管理等を司る)を廃止して、その仕事を国司の巡検に委ねた。
# 5月1日: 太政官は次のように処分を下した。諸王や臣下で五位以上の者の、出勤日については、所管の役所が月末に式部省へ転送し、その後式部省はそれを抄録し、太政官に申し送るようにせよ。
# 5月5日: 群臣の五位以上に、端午の節句に行う騎射の走馬(くらべうま)を出させた。天皇は臨席してそれをご覧になった。
# 5月7日: 入唐使の粟田朝臣真人に節刀を授けた。天皇は次のように勅した。一位以下の官人に休暇を賜うのは、十五日を越えることはできない。ただし、大納言以上の職にある者は、責任が重いのでこの限りに入らない。
# 6月2日: この度、初めて内舎人(うどねり・中務省に属し、天皇側近の雑用に従う)九十人を任命し、太政官において整列・閲見を行った。
# 6月8日: 次のように勅された。すべての官庁の諸務は、専ら新令(大宝令)に準拠して行うようにせよ。また国司や郡司の大税(おおちから・田祖)を蓄えておくことについては、必ず法規のとおりにせよ。若し過失や怠慢があれば、事情に隨って処罰せよ。
 この日、使者を七道(東海・東山・北陸・山陰・山陽・南海・西海道)に派遣して、今後新令に基づいて政治を行うことと、また大祖(大税)が給付される状況を説明し、あわせて新しい国印の見本保頒布した。
# 6月25日: 時節の雨が降らないので、四畿内(大倭、河内、摂津、山背)の国々に命じて、雨乞いをさせ、合わせてこの年の調を免除した。
# 7月21日: 親王以下に勅して、官職の位階に応じて食封(じきふ)を与え、また壬申の乱の功臣に、それぞれの功績に応じて、食封を与えた。
# 8月8日: 明法博士を六道(東海・東山・北陸・山陰・山陽・南海道)に派遣して、新令(大宝令)を講釈させた。
# 8月9日: 皇親で年齢が十三に達したものは、任官してもいなくても、みな禄を支給する数に加えた。
# 8月14日: 播磨・淡路・紀伊の三国が「大風と高潮のために、水田や園地が被害をうけました」と言上した。使いを遣わして、農業養蚕の状態を巡察し、人民を慰問させた。また使いを河内・摂津・紀伊の国に遣わし、行在所(あんざいしょ)を造営させ、あらかじめ、水路の行幸に備えさせるために、天皇の乗る船を三十八艘を造らせた。
※ 行在所: 天皇が外出したときの仮の宮。
# 8月21日: 参河(みかわ)・遠江・相模・近江・信濃・越前・佐度・但馬・伯耆・出雲・備前・安芸・周防・長門・紀伊・讃岐・伊予の十七カ国にイナゴの発生があり、大風が吹き人民の家屋が損壊し、秋の収穫に被害が出た。
# 8月26日: 高安城を廃止し、その建物や種々の貯蔵物を、大倭・河内の二国に移貯した。諸国に命じて衛士(えじ)を増徴し、衛門府に配属した。
# 11月4日: 全国に大赦を行った。ただし、盗人は対象から除外した。61歳以上の老人・病人および僧尼にも、地位や程度に応じて物が与えられた。
# 11月9日: 弾正台に命じて、畿内の国々を巡察させた。

 

統計表示