畠山家の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 畠山家の家紋: 「畠山」の名字の由来 ・ 畠山家

# 代表家紋

・ 畠山重忠: 村濃紋 

# 「月星紋」「五七桐紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 畠山【出典

・ 埼玉県深谷市畠山

 桓武平氏良文流秩父氏族: 「村濃紋」「山形村濃紋」「月星紋」「九曜紋」「丸に違い鷹の羽紋」「丸に揚羽蝶紋」「丸に二つ引紋」「鶴の丸紋

※ 秩父重弘の子の重能が畠山庄司を称した。

清和源氏義康流足利氏族: 「五七桐紋」「丸に五三桐紋」「丸に桐の角字」「丸に二つ引紋」「雪輪に薺紋」「丸に笹竜胆紋」「丸に花菱紋

※ 畠山重忠の妻の北条時政の娘が産んだ重保が嫡子の扱いをうけて、後に時政の娘が足利義純に嫁して産んだ泰国が畠山氏の名跡を継いで源姓畠山氏となった。

# 畠山家: 畠山村濃紋。武蔵国畠山荘(埼玉県)を拠点とした武家。平氏方だったが頼朝のもとにはせ参じた際に、藍皮(あいがわ)を旗につけたことに由来する。【出典

# 畠山政長: 丸の内に二つ引き紋。持国の実子の義就と家督を争った。家督を継いだが、罷免され、山名持豊が義就を擁立した。義就と戦闘になり応仁の乱がおこった。【出典

# 畠山重忠: 畠山村濃紋。源義仲平氏追討や奥州合戦で功をあげた。家紋の村濃は頼朝から賜った藍皮を白旗に捺して、頼朝の白旗と区別したのが始まりと伝わる。【出典

家紋の図柄

統計表示