「ローカルバスの終点へ」に見える名字と地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字と地名のMenu コラムのMenu
名字の由来のTop  地名の由来のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ローカルバスの終点へ 宮脇俊三 洋泉社】より

■ 川白(かわしら): 北海道古宇郡神恵内村珊内村川白
・ 川白(かわしら): アイヌ語のカパラシララ(薄い壁の意味)に由来する。
・ 北海道の積丹半島の西岸
・ 岩内(いわない): 始発
・ 堀株(ほりかっぷ)川
・ 茅沼(かやぬま)
・ 盃(さかずき)川、茂岩(もいわ)川
・ 盃と茂岩の温泉がある。
・ 古宇(ふるう)川
・ 神恵内(かもえない): 神恵内村の役場がある。
・ 赤石(あかいし)
・ 珊内(さんない)
・ 川白(かわしら): 終点

■ 北二号(きたにごう): 北海道野付郡別海町
・ 別海(べっかい): 始発
・ 町の教育委員長を長く務める人羅(ひとら)さん。郷里は京都府の亀岡市で、家業の高野豆腐工場が火事で焼けたので、昭和6年にこの地に入植した。
・ 北二号: 終点

■ 大津(おおつ): 北海道中川郡豊頃町
・ 豊頃(とよころ): 
・ 帯広(おびひろ)駅: この地ではバスターミナルをバスタッチ場という。
・ 札内(さつない)川
・ 札内(さつない)
・ 幕別(まくべつ)
・ 茂岩(もいわ): 豊頃町の中心地。
・ 旅来(たびこらい): 
・ 大津(おおつ): 終点

■ 九艘泊(くそうどまり): 青森県下北郡むつ市(旧脇野沢村)
・ カメラマンの「郷司」さん。
・ 野辺地(のへじ): 
・ 田名部(たなぶ): 始発
・ 大湊(おおみなと)
・ 川内(かわうち): 
・ 本村(ほんそん): 脇野沢村の中心地。大湊高校の脇野沢分校の教頭の「祐川(すけがわ)」先生。役場の振興課の「千船(ちふね)」さん。
・ 芋田(いもた): 
・ 九艘泊: 猿の生息の北限地。地名の由来は、源頼朝に追われた義経一行の九艘の船が、嵐を避けて停泊したことに由来する。59世帯207人。

■ 湯ノ岱(ゆのたい): 秋田県北秋田市(旧森吉町)
・ 鷹ノ巣(たかのす): 
・ 米内沢(よないざわ): 始発。森吉町の中心地。江戸時代には物資の集散地として栄えた。スギ材や、銅や食料。
・ 阿仁前田駅(あにまえだ駅)
・ 根森田(ねもりた): 
・ 桐内(きりない): 18戸。
・ 姫ノ岱(ひめのたい): 7戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 様田(さまだ): 18戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 向様田(むこうさまだ): 12戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 惣瀬(そうぜ): 17戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 森吉(もりよし): 51戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 鷲ノ瀬(わしのせ): 7戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 砕淵(じゃきぶち): 5戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 深渡(ふかわたり): 11戸。森吉ダムの建設で水没。
・ 小滝(こたき)
・ 女木内(おなぎない)
・ 湯ノ岱: 終点。湯ノ沢温泉の入り口。杣(そま)温泉と呼ばれる。湯ノ沢温泉の一軒宿の主人が「杣(そま)」さんに由来する。杣氏は南部藩の相馬氏が転じたという。
・ 平田(ひらた)

■ 川代(かわしろ): 岩手県宮古市
・ 重茂(おもえ)半島。松茸の産地。
・ トドヶ崎(とどがさき)
・ 区界(くざかい)
・ 宮古(みやこ)
・ 津軽石(つがるいし)川
・ 白浜(しらはま): 宮古への巡航船の船着き場。
・ 小角柄(こつのがら)
・ 館(たて): 旧重茂村の中心地。
・ 姉吉(あねよし): 
・ 千鶏(ちけい)
・ 石浜(いしはま)
・ 川代(かわしろ): 15戸。

■ 肘折(ひじおり)温泉: 山形県最上郡大蔵村
・ 新庄(しんじょう): 始発。
・ 金沢(かねざわ)
・ 本合海(もとあいかい)
・ 清水(しみず): 
・ 白須賀(しらすが)
・ 日蔭倉(ひかげぐら)
・ 肘折(ひじおり)温泉: 終点。昔、崖から落ちて肘を折った老翁がこの湯で傷を癒やしたことに由来する。
・ 石抱(いしだき)温泉
・ 地蔵倉

■ 帝林社宅前(ていりんしゃたく前): 栃木県那須郡黒羽町
・ 大田原(おおたわら)
・ 黒羽(くろばね): 松尾芭蕉が13日も逗留した城下町。商人中心の「向町(むこうまち)」と武士中心の「田町」に分かれる。
・ 唐松峠
・ 須佐木(すさき): 旧須賀川村の西の中心地。
・ 雲厳寺
・ 帝林社宅前

■ 浮島(うきしま): 茨城県稲敷市(旧桜川村)
・ 旧桜川村: 浮島、古渡、阿波(あば)の三ヶ村が合併して成立。
・ 霞ヶ浦
・ 土浦(つちうら): 始発
・ 陸上自衛隊の武器学校前
・ 木原(きはら)
・ 請領
・ 古渡
・ 上馬渡
・ 浮島: 終点。490戸
・ 桜川村の村史を編集する、茨城県文化財指導委員の人見さん。

■ 室谷(むろや): 新潟県東蒲原郡阿賀町(旧上川村)
・ 雑誌「旅」の編集部の新妻さん。
・ 磐越西線の津川駅
・ 太田(おおた): 旧上川村の中心集落
・ 栃堀(とちぼり)
・ 楢山(ならやま)
・ 鍵取(かぎとり)
・ 室谷(むろや): 終点。35戸。

■ 飯尾(いいお): 山梨県北都留郡上野原市
・ 上野原(うえのはら)駅
・ 棡原(ゆずりはら): 猪丸(いまる)、日原(ひはら)、椿(つばき)、井戸(いど)などの集落がある。
・ 梅久保(うめくぼ)
・ 原(はら)
・ 飯尾(いいお): 終点

■ 程野(ほどの): 長野県下伊那郡上村(かみむら)
・ 平岡(ひらおか): 始発。下伊那郡天竜村の中心地。
・ 和田(わだ): 南信濃村の中心地。
・ 木沢(きざわ)
・ 上町(かみまち): 上村(かみむら)の中心地。周辺に、下栗(しもぐり)、中郷、上中根(かみなかね)、大野などの集落がある。
・ 程野(ほどの): 

■ 濁河(にごりご)温泉: 岐阜県益田郡小坂(おさか)町
・ 高山本線の飛騨小坂駅
・ 赤沼田
・ 落合
・ 濁河(にごりご)温泉

■ 祖母ヶ浦(ばうら?): 石川県鹿島郡能登島町
・ 羽咋(はくい)
・ 七尾(ななお): 始発
・ 佐波(さなみ): 
・ 向田(こうだ): 能登島最大の集落で町役場がある。
・ 二穴(ふたあな)
・ 野崎(のざき)
・ 長崎(ながさき)
・ 虧棔覆┐里瓠
・ 八ヶ崎(はちがさき)
・ 祖母ヶ浦(うら): 終点。37戸。
・ 通(とおり): 旧西島村

■ 大杉(おおすぎ): 三重県多気郡大台町(旧宮川村)
・ 見瀬谷(みせだに): 
・ 江馬(えま): 旧宮川村の役場があった。
・ 御棟(おむなぎ): 
・ 滝谷
・ 桧原(きそはら)
・ 久豆(くず): 
・ 大杉(おおすぎ): 8戸。

■ 田歌(とうた): 京都府北桑田郡美山町
・ 京都駅
・ 御室(おむろ)
・ 高雄(たかお)
・ 栂尾(とがのお)
・ 細野
・ 周山
・ 安掛(あがけ)
・ 中、江和(えわ)などの集落がある。
・ 田歌(とうた): 田歌の奥に、芦生(あしう)、須後(すごう)などの集落がある。
・ 中集落に大萱(おおかや)さんがいる。

■ 吹屋(ふきや): 岡山県川上郡成羽町
・ 備中高梁: 始発。
・ 宇治(うじ)
・ 下谷(しもだに): 寛政時代に銅山経営を幕府から請け負って財を成した大塚家の墓地がある。この墓地は、横溝正史原作の「八つ墓村」のロケを行った。
・ 吹屋(ふきや): 日本屈指の銅山があった。「銅と弁柄の里」。
※ 時に、対向車に出会うと、道幅の広い待避所までバックする。もっとも、バスの方が威張っていて、たいていは相手を後退させてしまうのだが。
※ 登り優先では?

■ 沖泊(おきどまり): 島根県八束郡島根町
・ 松江(まつえ)
・ 講武(こうぶ):
・ 御津(みつ)
・ 大芦(おわし)
・ 加賀(かか)
・ 野波
・ 小波(こなみ)
・ 多古(たこ)
・ 沖泊(おきどまり): 島根半島最北の集落。毛利氏に敗れた尼子勝久がここから熾きに逃れた地。「泊(とまり)」は「行き止まり」の転訛。

■ 鹿老渡(かろうと): 広島県安芸郡倉橋島鹿老渡
・ 鹿老渡(かろうと)は、外国船の停泊するところ、つまり「からどまり」が転訛したもの。
・ 呉(くれ): 始発
・ 音戸(おんど): 音戸の瀬戸(幅80m)は平清盛が延べ6万人を動員して、永万元年(1165年)に、わずか9ヶ月で開削した。それとも、海峡を広げた?
・ 奥の内(おくのうち)
・ 釣志田(りょうしだ)
・ 倉橋・本浦(ほんうら)
・ 室尾(むろお)
・ 鹿老渡(かろうと)

■ 寺川(てらかわ): 高知県土佐郡本川村
・ 大杉(おおすぎ): 始発
・ 本山(もとやま)
・ 田井(たい): 乗り継ぎ
・ 小松(こまつ): 大川村の中心地
・ 日ノ浦(ひのうら): 乗り継ぎ
・ 長沢(ながさわ): 乗り継ぎ。本川村の中心地。
・ 寺川(てらかわ)

■ 中山(なかやま): 宮崎県臼杵郡南郷村
・ 日向(ひゅうが)
・ 山陰(やまげ)
・ 児洗(こあらい)
・ 流され
・ 小又吐(こまたばき): 吐は川の合流点。清水川と小丸川の合流点。
・ 神門(みかど): 南郷村の中心集落で、朝鮮半島から亡命してきた百済の王族の禎嘉王の一行が住み着いたところと伝わる。
・ 中山(なかやま)

■ 野間池(のまいけ): 鹿児島県川辺郡笠沙町
・ 加世田(かせだ)
・ 大浦
・ 小浦
・ 片浦
・ 大当(うと)
・ 高崎山(こざきやま)
・ 大崩(うぐえ)
・ 谷山(たいのやま)
・ 山神(やまんかん)
・ 野間池(のまいけ)

■ 奥(おく): 沖縄県国頭郡国頭村
・ 那覇(なは)
・ 嘉手納(かでな)
・ 名護(なご)
・ 辺土名(へんとな)
・ 与那(よな)
・ 奥(おく)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示