松尾芭蕉
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 松尾芭蕉(俳号)

・ 1644年〜1694年

・ 幼名: 金作

・ 通称: 藤七郎、忠右衛門、甚七郎

・ 号: 桃青、芭蕉

・ 松尾家は、伊賀の無足人(郷士)。芭蕉は19歳で伊賀上野の藤堂良忠に仕えた。

# 松尾芭蕉: 幼名は「金作」。名は「忠右衛門宗房」で、最初は「宗房(むねふさ)」を俳号としていたが、「桃青」から「芭蕉」と改めた。芭蕉を初めて使ったのは、俳諧撰集、「武蔵曲(むさしぶり)」に収められている句から。門人の李下から芭蕉の株を贈られたことにちなむ。芭蕉の句風を「蕉風(しょうふう)」という。【出典


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

統計表示