「新庄」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 山形の地名集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 新庄(しんじょう): 山形県新庄市

・ 南北朝時代に東根の小田島氏最上氏に追われ、今の新庄市の鳥越楯へ移り住んだ。東根の本荘に対し新荘と言ったのが由来。

・ 日本辞典によると、旧称沼田。沼田城周辺が城下町として開発されたことにから、荘園の中心本荘に対して、追加開墾地の意で命名されたという。

・ 新庄市(しんじょうし): 南北朝時代に東根にいた小田島氏が山形最上氏に圧迫され新庄の鳥越楯(城)へ拠点を移したことから、東根の本荘に対し新庄(荘)という。【都市データパック(市章)東洋経済新報社】

・ 「新しく立てられた荘園」といわれるが、「新城」の転という説もある。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 古代、この地を中心に新しい荘園が開かれたことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

・ 新庄駅(しんじょうえき): JR東日本・奥羽本線。山形県新庄市多門町(たもんまち)。

・ 「新庄」の名字の由来

統計表示