「小田島」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小田島(おだじま)

【2022/01/08:改編】

# 全国の約三分の一は岩手県に見られる他、北海道や秋田県にも多い。

# 代表家紋

# 出羽国村山郡小田島荘(山形県新庄市)をルーツとする。桓武平氏の出。のちに、陸奥国刈田郡(宮城県)に転じ、和賀氏に従った。【出典

# 現在は岩手県を中心に、東北北部に広くみられる。【出典

# 羽前国北村山郡小田島から桓武平氏三浦氏族。他に陸中国和賀郡の豪族に見られる。代表家紋は「木瓜」「四つ目」。【出典】【家紋のデータ】 

# 岩手県の小田島家: 陸奥国二戸郡浄法寺(岩手県二戸市浄法寺町)の豪商で伊勢屋を号した。初代は、元禄年間出羽国花輪(秋田県鹿角市花輪)から転じたという。一族から南部藩士も出た。【出典】 

# 「小田島」の地名

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示