「蜂須賀」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「は」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 蜂須賀(はちすか)

【2019/03/06:改編】

# 蜂須賀正勝: 丸に卍紋【武将と家紋 インデックス編集部】

# 愛知県に多く見られ、特に岡崎市に多い。

# 尾張国海部郡蜂須賀(愛知県あま市蜂須賀)をルーツとし、清和源氏斯波氏の出を称すが不詳。

# 徳島県の蜂須賀家: 徳島藩主。秀吉の時代に阿波一国を領し、明治維新後には侯爵

・ 尾張国蜂須賀(愛知県美和町)をルーツとし、豊臣秀吉のもとで大名となった。 

# 蜂須賀家(はちすかけ): 家紋「蜂須賀万字紋」

・ 阿波国名方郡徳島(徳島県徳島市徳島町)を本拠地とした。

・ もとは尾張国海東郡の国人で、蜂須賀小六が豊臣秀吉に仕えた。小六(正勝)の子の家政が阿波国17万6千石を賜り、関ヶ原の戦いの後には淡路国を加えて25万7千石。【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】

# 蜂須賀(はちすか)

・ 東海地方や関東地方に多く見られる。

・ 尾張国海東郡蜂須賀(愛知県あま市蜂須賀)をルーツとする。

・ 「はちすか」は「鉢州処」で砂地を表す。

・ 清和源氏の新田氏の一族が地頭となり蜂須賀氏を称したという。

# 徳島藩

# 蜂須賀家は明治維新後、北海道空知地方の開発に尽力した。【「系図」を知ると日本史の謎が解ける 八幡和郎 青春出版社】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示