「由良」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 由良(ゆら)

【2021/04/23:改編】

# 武蔵七党の丹党、上野国の猪股党など武蔵七党系の坂東武者。また上野国新田郡由良発祥は清和源氏の新田氏族で、戦国時代には新田金山城主に由良成繁があり、後に豊臣大名となった。出自は前記記載の武蔵七党とも関係があろう。他流には讃岐国の讃岐朝臣の子孫、播磨国に赤松氏族ほか淡路国・紀伊国・丹波国・三河国にもみられる。代表家紋は「大中黒」「二つ引両」「桐」。【出典】【家紋のデータ

# 群馬県の由良家: 清和源氏新田氏の一族。江戸時代には高家。【出典

・ 清和源氏新田氏の出。戦国時代には足利氏に属し、後に北条氏に破れ、豊臣秀吉から常陸国牛久(茨城県牛久市)で4500石をたまわった。江戸時代には高家。【出典

# 由良家(ゆらけ): 家紋「二つ引両紋」【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】

・ 上野国新田郡太田(群馬県太田市)を本拠地とした。

・ 清和源氏の新田氏流。武蔵七党の猪俣党の小野姓の横瀬時清が新田貞氏を婿養子とし、子の貞治が新田氏流の岩松氏に仕え、成繁のときに由良氏を称した。江戸時代には高家

# 由良(ゆら): 群馬県太田市由良町

# 由良(ゆら): 山形県鶴岡市由良

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示