長野家の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 長野家の家紋: 「長野」の名字の由来

# ナガノ・チョウノ(長野・永野)【出典

 〃嫁聾高崎市浜川町/桓武平氏良文流畠山氏族、在原氏族、物部姓石上氏族: 「檜扇紋」「雁木檜扇紋」「房丸檜扇紋」「三つ檜扇紋」「檜扇蝶紋」「丸に五本扇骨紋」「丸に日の丸扇紋」「丸に八の字紋」「対い鳩紋」「丸に剣片喰紋」「丸に唐団扇紋」「三つ盛り瓶子紋
※ 在原氏族とも石上氏族ともいう。また、畠山重忠の弟で、武蔵国埼玉郡長野発祥で信濃国に住んだ長野三郎重清の後裔か。

◆〇綾展津市美里町南・北長野/藤原南家乙麿流工藤氏族、桓武平氏資盛流織田氏族: 「丸に三つ引両紋」「丸に堅て三つ引両紋」「庵に木瓜紋」「丸に木瓜紋」「丸に四方木瓜紋」「五瓜に唐花紋」「丸に三つ柏紋」「丸に一文字紋」「丸に桜紋」「丸に山桜紋」「八重桜紋
※ 工藤祐経の三男の祐長の子の祐政が長野氏を称した。また、織田氏から養子がはいり、桓武平氏とも称す。

 愛媛県西条市丹原町長野/越智氏族: 「折敷に三の字紋」「丸に橘紋
※ 越智氏庶流の別宮氏の後裔という。

ぁ々眞慮高岡郡津野町永野/出自不詳: 「丸に釘貫紋」「丸に四方木瓜紋」「丸に尻合わせ三つ州浜紋」「左三つ巴紋」「右三つ巴紋
※ 長宗我部氏の家臣の高石氏の後裔と言う。

ァ(_県北九州市小倉南区長野/桓武平氏族: 「丸に揚羽蝶紋」「丸に三つ柏紋」「丸に梅鉢紋
※ 左大臣の平時盛の六男の修理大夫康盛が国司となり、長野山に居城して長野氏を称した。

Α‖臺県玖珠郡玖珠町・九重町/清原氏族: 「丸に唐花紋」「八重唐花紋」「丸に蔦紋」「丸に三つ鱗紋
※ 右大臣の清原正長の子の助道が長野太郎を称した。

А〃本県山鹿市菊鹿町上・下永野/藤原姓鞠智氏族: 「丸に並び鷹の羽紋」「違い鷹の羽紋」「丸に剣片喰紋
※ 菊池隆直の子の隆長が永野太郎を称した。

家紋の図柄

統計表示