宮崎県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小豆野原(あずきのばる): 宮崎県西都市上三財小豆野?

■ 天下(あもり): 宮崎県延岡市。「天下(あもり)神社」に由来する。【出典

■ 生目(いきめ): 宮崎県宮崎市生目。生目神社に由来する。壇ノ浦の戦いに敗れて捕らえられた藤原(平)景清が、仇である源氏の繁栄をみたくないと、みずからの両眼をえぐって空に放り投げたところ、この場所に落ちたとされる。【出典

■ 猪崎(いざき): 宮崎県

■ 犬熊(いぬぐま): 宮崎県東諸県郡国富町本庄犬熊

■ 狼ノ鼻(おおかみのはな): 宮崎県

■ 大バエ(おおばえ): 宮崎県東臼杵郡門川町。「バエ」は岩礁などに使われる海に関する言葉。【出典

■ 鬼切畑(おぎりはた): 宮崎県高千穂町

■ 飫肥(おび): 宮崎県日南市飫肥

★ 

■ 蚊口浦(かぐちうら): 宮崎県児湯郡高鍋町大字蚊口浦
・ 嘉口とも書いた。地名の由来は、小丸川と宮田川の両河口に立地することから、川口(かわぐち)が転訛して「かぐち」となったものと思われ、海岸ゆえに浦を付したのであろう。江戸期には高鍋城下の湊町として発展し、「蚊口千軒」と伝えられるのはその繁栄ぶりを表したもの。【出典

■ 加納(かのう): 宮崎県宮崎市清武町加納

■ 上町(かんまち): 宮崎県都城市上町
・ たぶん「かみまち」から転じたんでしょうねぇ。

■ 鬼神野(きじの): 宮崎県東臼杵郡美郷町南郷区鬼神野

■ 売子木(きしゃのき): 宮崎県小林市。ムラサキ科の落葉高木の名から。【出典

■ 清武(きよたけ): 宮崎県宮崎市清武町(きよたけちょう)

■ 九重花(くえのはな): 宮崎県日之影町

■ 国富町(くにとみちょう): 宮崎県東諸県郡国富町
・ 町名は、この地に存したと伝わる景行天皇の孫久邇止美比古命にちなむ。【出典

■ 月知梅(げっちばい): 宮崎県宮崎市

■ 小林(こばやし): 宮崎県小林市

★ 

■ 椎葉(しいば): 宮崎県東臼杵郡椎葉村。伝承によると、平家の落人の追討のために当地を訪れた那須宗久が、必死に生きる落人たちの姿に感動し、ここでともに暮らしたとされる。地名は、宗久が陣小屋を「椎の葉」で囲ったことに由来する。【出典

■ 銀鏡(しろみ): 宮崎県西都市銀鏡

■ 新富町(しんとみ): 宮崎県児湯郡新富町
・ 新田原(にゅうたばる)基地のある新富(しんとみ)町は、新田(にゅうた)村と富田(とんだ)村が合併。
・ 合併前の自治体名の「新田(にゅうた)」「富田(とんだ)」の合成による。「新田」は「にひた」の転で、「湿地」のことか。あるいは、中世の「新田開発」と関係するか。富田は「とだ」の転で、「湿地」のことか。あるいは瑞祥地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

★ 

■ 高千穂(たかちほ): 宮崎県西臼杵郡高千穂町。鹿児島県の霧島とともに天孫降臨地の候補。天界から遣わされたニニギノミコトが地上に降り立ったときに、あたりは暗闇だったが、手に持った稲の「千穂(数多くの穂)」から籾をとって四方にまいたところ、日と月が輝きはじめたことに由来する。【出典

■ 高鍋(たかなべ): 宮崎県児湯郡高鍋町

■ 妻(つま): 宮崎県西都市妻

■ 土々呂(ととろ): 宮崎県延岡市土々呂町

★ 

■ 新名(にいな): 日向国臼杵郡新名荘(宮崎県日向市)

■ 贄波(にえなみ): 宮崎県日南市南郷町贄波
・ 熱波とも書いた。【出典

■ 新田原(にゅうたばる): 宮崎県児湯郡新富町。東都原(とうとばる)とも呼ばれる。

■ 猫谷(ねこたに): 宮崎県延岡市北川町川内名猫谷(ねこだに)

■ 野久尾(のくお): 宮崎県
# 参考: 日講庵: 宮崎郡佐土原(さどわら)町上田島にあった寺坊。日蓮宗不受不施講門派開祖の安国院日講の謫居跡で、県史跡。日講は下総国野呂妙興寺(現千葉市)の住僧で、寛文5?6年幕府の不受不施派弾圧に際して、「守正護国章」を提出した。このため同6年5月28日佐土原へ流されることになる。佐土原藩主島津忠高は彼を手厚く迎え、万陀羅小路に一庵を建て、のちにこれを野久尾に移した。日講は流刑後32年目の元禄11年に入寂する。現在、佐土原小学校南側の丘陵地頂上部に2基の日講墓石がたつ。東側のものは不受不施講門派本山の岡山県御津町本覚寺が管理し、その西側30mには不受不施派本山の岡山県御津町妙覚寺が管理する日講の墓があり、彼の遺骨や供養の経石は、後者の地下に納められている。【出典

■ 延岡(のべおか): 宮崎県延岡市

★ 

■ 日置(ひおき): 宮崎県児湯郡新富町日置

■ 祝子(ほうり): 宮崎県延岡市。
・ 祝子(ほうり): 宮崎県日南市。祝子川に由来する。田の神(火遣理命・ほおりのみこと)が、この川で産湯を使ったという伝承がある。【出典

★ 

■ 前田(まえだ): 宮崎県都城市高崎町前田(まえだ)

■ 松元(まつもと):  宮崎県都城市松元町

■ 宮崎県(みやざきけん): 宮崎の地名の由来

■ 行縢(むかばき): 宮崎県延岡市

■ 母智丘関之尾県立公園(もちおせきのおけんりつこうえん): 宮崎県都城市。都城市の市街地の西方にある母智丘は、標高300m未満の丘陵で、丘上近くに母智丘神社がある。境内には稲荷石と呼ばれる2つの巨石をはじめ、陰陽石・神裂石などの巨石があり、昔から信仰の対象とされてきた。母智丘神社の参道には、約2kmにわたり、約3、600本のソメイヨシノや山桜が植えられているが、これらの桜は、明治4年、当時の庄内地頭三島通庸が、母智丘神社を修築した際、参道に植え連ねたのが始まりとされる。
※ ところで、釣りバカ日誌の浜ちゃんの実家は宮崎県都城市だが、先祖代々のお墓はこの母智丘にある。

■ 森永(もりなが): 宮崎県東諸県郡(ひがしもろかたぐん)国富町森永
・ 守永とも書いた。大淀川支流の本庄川下流左岸に開けた平地に位置する。【出典

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

統計表示