「わち」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「ら・わ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 和智(わち)

【2021/03/02:改編】

# 山梨県の東部から神奈川県や東京都の西部にかけて多く見られ、特に山梨県上野原市にまとまってみられる。

# 備後の和智氏は備後国双三郡和智郷(広島県三次市)をルーツとし、藤原北家秀郷流。江戸時代には長州藩士

# 神奈川県の和智家: 相模国津久井郡名倉村(神奈川県相模原市)の名主。 

# 備後の和智氏は又三郎和智郷(広島県三次市)をルーツとする。藤原北家秀郷流。広沢実村の子の実成が和智氏を称した。鎌倉時代に地頭となり、南天山城に拠った。もとは尼子氏に従っていたが、豊郷のときに大内氏に、誠春の時に毛利氏に仕えた。江戸時代には長州藩士。相模国津久井郡名倉村(神奈川県津久井郡藤野町)の名主にも和智氏があり、現在は県境を越えて山梨県上野原市にも多い。現在は山梨県東部から神奈川県相模原市緑区(旧津久井郡藤野町)、東京都八王子市にかけて多い。【出典

# 国衆(国人)

■ 和知(わち)

【2021/03/02:改編】

# 福島県の白河市周辺に多くみられる他、栃木県の那須地方にも多い。

# 福島県南部の白河地方の名字。西白河郡表郷村では上位10位に入っているなど、西郷村から棚倉町の間に集中している。また県境を越えた栃木県那須郡にも多く見られる。【出典

■ 和地(わち)

【2015/12/22:新載】

# 関東地方に多く見られ、特に茨城県北部に多い。

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示