松代藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 松代藩(長野県長野市松代町

・ 真田家10万石・外様

・ 真田信濃守

・ 真田家は1622年に上田から転封。八代藩主の幸貫(ゆきつら)は松平定信の子で、水野忠邦時代に老中を務めた。

・ 真田信之って、92歳まで生きたのか?!誠実に家を守り続けて大往生したドケチ大名だと。でも、家を守るにはそのくらい言われないとな。

・ 真田家の嫡男の信之(信幸)と弟の信繁(幸村)は柿の木に登って赤い実をとっていた。兄曰く、「あまり枝の先の方に行くな。柿の木はあっという間に折れるそうだぞ」。それに対して弟は、「実さえ採れるのなら、落ちようがどうしようが。枝先の方が熟している」と言った。それを見て父親の真田昌幸が「無理は禁物じゃ。柿の木はこの木一本だけでなく、あっちこっちにもまだある」といった。これはよくある逸話のたぐいだが、三人の生き様を表しているという。

・ 松代藩は早い段階から官軍派だったが、明治維新後には冷遇された。多額の戦費のために財政が窮乏した松代藩は、「松代商法社」という藩営企業を設立した。が、しかし。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

・ 恩田木工 

# 善光寺地震による被害 


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示