間部家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 間部家(まなべけ): 「間部」の名字の由来

# 間部家(越前国鯖江藩

# 代表家紋: 丸に三つ引両紋【日本人なら知っておきたい 家紋と名家のいわれ 大野敏明 実業之日本社】

・ 間部家の祖の真鍋詮光は家康に仕えていたが、本能寺の変で討ち死にし、家系が途絶えた。その後子孫の詮房が初代となって、間部家を再興させた。間部詮房は徳川綱豊(後の六代将軍家宣)の小姓となり、「間部」の姓は綱豊に賜った。その後、出世を重ね、側用人から若年寄格となり、老中次席まで進み、宝永7年に上野国高崎藩5万石。しかし、八代将軍の吉宗の時代になって勢力は衰え、越後国村上藩へ。間部詮房の死後は弟の詮言が跡を継ぎ、越前国の鯖江藩に転封。明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】 

# 間部詮房: 1666年に、甲府藩主の綱豊(後に家宣)の家臣の西田清貞の子として生まれた。19歳の時に家宣の小姓となり家宣が将軍になると側用人となり、高崎5万石を領した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示