国分家の家紋
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 家紋のはなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 国分家の家紋: 「国分」の名字の由来

# 国分【出典

 ゝ楙觚仙台市若林区/藤原北家秀郷流長沼氏族: 「左三つ巴」「丸に五三桐」「丸に抱き鹿角」「三つ盛り亀甲に花菱」「三つ盛り州浜」「丸に違い鷹の羽」「隅切り角に木瓜」

◆\虱娶市川市国分/桓武平氏良文流千葉氏族: 「月星」「七曜」「九曜」「割り九曜」「丸に違い鷹の羽」「丸に抱き茗荷」

※ 千葉常胤の五男の胤通が国分五郎を称した。

 鹿児島県薩摩川内市水引町/惟宗姓執印氏族: 「丸に抱き茗荷」「丸に橘」

※ 惟宗姓執印康友の二男の友久が国分寺沙汰職に補任され、国分氏を称した。   

家紋の図柄

統計表示