掛川藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 掛川藩(静岡県掛川市)

・ 太田家5万石・譜代大名

・ 1746年に上野国の館林から太田家が移ってきた。この太田家は、太田道灌の子孫が徳川家康に仕え、その後に大名になった。

・ 太田家(遠江国掛川藩): 太田道灌の家系。太田重正の妹のお梶の方が家康の側室となった。下野国山川藩1万5600石から三河国西尾藩3万5千石。その後、駿河国田中藩、陸奥国棚倉藩、上野国館林藩、遠江国掛川藩5万石へ。明治時代には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】  


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示