「日比野」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「は」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 日比野(ひびの)

【2022/02/028:改編】

# 漢字三文字苗字ランキング: 18位

# 代表家紋

# 岐阜県南部から愛知県北部に多くみられる。

# 美濃国恵那郡日比野村(岐阜県中津川市苗木日比野)をルーツとする。

# 旗本の日比野家は清和源氏小笠原氏流。

# 美濃の戦国大名の斎藤氏の家老に日比野氏がいた。【出典

# 江戸時代の旗本の日比野氏は清和源氏の小笠原氏の出を称す。【出典

# 現在は、岐阜県東部に多く見られる。【出典

# 美濃国安八郡の豪族で、戦国時代に豊臣秀吉・秀次に仕えた日比野下野守、日比野小十郎がいる。また後北条氏、徳川氏に仕えた系統は別流で信濃国の小笠原長清の後裔。代表家紋は「三つ菱」「石井筒に三階菱」。【出典】【家紋のデータ

# 「日比野」の地名
・ 日比野村(ひびのむら): 岐阜県中津川市苗木日比野。江戸時代から明治時代初頭にかけて美濃国恵那郡にあった村名。苗木(なえぎ)藩の城下町。
・ 日比野郷(ひびののごう): 愛知県一宮市浅井町大・小日比野。戦国時代に尾張国葉栗郡にみられた郷名。

■ 日比(ひび)

【2021/06/09:新載】

# 愛知県と岐阜県にまとまってみられ、特に岐阜県大垣市と養老郡養老町に多い。【出典】 

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示