「宗像」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 宗像(むなかた)

【2021/02/06:改編】

# 代表家紋

# 福岡県の胸元神社に祀られている天照大神の三人の姫(宗像三神)に由来する。三姫の身形(みなかた)を祀り、この単語が転訛した。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

# 筑前国宗像郡をルーツとする。同地には海を本拠とした古代豪族の胸肩氏があり、宗像氏とも書いた。のちに、宗像神社の大宮司となった。初代大宮司の清氏は宇多天皇の皇子という伝承があるが、実在したかは不明。鎌倉時代には御家人として武家としても活躍。南北朝時代は北朝に属し、室町時代以降は大内氏に従った。1586年に第80代氏貞の死で断絶した。【出典

# 国衆

# 「宗像」の地名  

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示