「名生」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「ま」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 名生(みょう)

【2014/07/20:新載】

# 全国の約半数は宮城県にみられ、登米市に多くみられる。

# 宮城県大崎市古川大崎名生をルーツとするのか?

# 名生(みょう)の地名(参考): 岩手県一関市藤沢町徳田名生城(ないきじょう)。江合(えあい)川と渋川のほぼ中間に位置する。地名の由来は、往昔、開墾などにより小地域が次第に区画され、その区画された小地域を「みょう」、あるいは「な」と称したことによると思われる。「名生」は地名2字の慣習により「名」に「生」を添えて名生と呼んだといわれる。大崎氏の居城である名生城が隣接の伏見村を含む地域にあり、現在でも付近には要害など城址に由来する地名が残る。【出典

# 「中名生」の名字

# 「名」の漢字の持つ意味

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示