「瀬古口」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「さ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 瀬古口(せこぐち)

【2014/11/22:新載】

# 関西地方にみられる。

# 世古口(せこぐち): 三重県の名字で伊勢市周辺にみられる。紀伊半島に拡がる「せこ」の名字の一つ。

# 瀬古口(せこぐち):  三重県名張市瀬古口。旧伊賀国。世古口とも書く。名張川が宇陀川と合流する付近の左岸流域に位置する。地名の由来は、河流の変遷で川岸に形成されたセコ(帯状凹地)への入口にあったことから起こったという説、またセコを瀬と江(こう)が合わさったもので川そのものの意と解釈し、川への入口との意味で名づけられたとする説があり、あるいは瀬越之口の転訛であるともいう。【出典

■ 瀬湖口(せこぐち)

【2019/03/26:新載】

# どこかでみつけた名字だが確認できず。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示