「猿渡」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「さ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 猿渡(さるわたり、さわたり)

【2021/04/26:改編】

# 九州地方の名字で福岡県南部から熊本県北部に多い。

# 東京都府中市の大国魂神社の大宮司の猿渡家は「さわたり」と読む。

# 東京都の猿渡(さわたり)家: 武蔵総社大国魂神社(東京都府中市)の神職。武蔵国橘樹郡猿渡村(神奈川県)をルーツとし、藤原氏の出。【出典】 

・ 武蔵総社大国魂神社(東京都府中市)神職。大国魂神社は武蔵国国衙のあった府中に武蔵国内の諸神を合祀して武蔵総社としたもの。神主を世襲した猿渡家は武蔵国橘樹郡猿渡村(神奈川県)をルーツとし、藤原氏の出。戦国時代には武家としても活動、北条氏に従い、1590年には17代盛正が八王子城で戦死した。そのため、江戸城主の遠山景政に嫁いでいた娘の子の盛道が猿渡家を継いだ。江戸時代の社領は500石。【出典

# 「猿渡」の地名

# 「さる」の語源

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示