遠山金四郎
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 遠山金四郎(通称)

・ 「遠山」の名字の由来

・ 1793年〜1855年
・ 諱: 景元
・ 幼名: 通之進
・ 法号: 帰雲

・ 水野忠邦天保の改革時代の北町奉行。1843年に北町奉行を罷免され、大目付となった。1845年には南町奉行となる。

・ 遠山(苗字)金四郎(字)景元(諱)。

# 遠山家
・ 遠山家の先祖は藤原氏で、美濃国の遠山をルーツとする。徳川家に仕え、下総国夷隅郡と豊田郡で500石の知行を得、代々、お小姓組、お小納戸、お留守居番、お腰物奉行などを務めた。
・ 金四郎の父親の遠山景晋は学問好きだった。
・ 松平定信は「学問吟味」を行った。これは中国の科挙にならったもので、幕府の諸役人の知識や技術の試験。これで首席をとったのが以下の二人。
・ 旗本: 遠山景晋 ・寛政6年(1794年)
・ 御家人: 大田直次郎(大田南畝・蜀山人)
【小説 遠山金四郎 童門冬二】

# 遠山家


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示