島根県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 津和野藩(島根県津和野町)

・ 亀井家4万3千石・外様。

・ 津和野城は鎌倉時代に、蒙古襲来に備えて築かれた。

・ 亀井氏は近江源氏の出。

■ 浜田藩(島根県浜田市)

・ 松平家6万1千石・家門。

・ 1836年に松平(越智)家が転じてきた。

・ 幕末の石見国浜田藩6万石の越智松平家の初代の清武は六代将軍家宣の弟。しかし、清武の生母の身分が低かったため、清武の出生は幕府に届けられず、甲府藩の家臣の越智喜清(300石)の養子にだされた。叔父の徳川綱吉が将軍になった後、松平の姓を賜って大名となった。【誰も書かなかった徳川家の謎 小泉俊一郎 中経文庫】

・ 浜田藩主の松平武聡は水戸家の徳川斉昭の10男で、第二次長州征討で長州藩に攻めこまれ、美作国鶴田の飛び地に移った。【「系図」を知ると日本史の謎が解ける 八幡和郎 青春出版社】

■ 広瀬藩(島根県安来市)

・ 松平家3万石・家門

・ 松江藩の支藩で、1666年に松江藩から分与。

■ 松江藩(島根県松江市)

・ 松平家18万6千石・家門。

・ 松平左近衛少将

・ 1638年に、結城秀康の三男の直政が入封。

・ 七代藩主の治郷(はるさと)は不昧(ふまい)公と称される茶人。

・ 松平治郷(はるさと): 出雲国松江藩主。茶人大名として有名。「不昧(ふまい)」を号し、「石州不昧派」の茶道流派を興した。1751年に六代藩主の次男として生まれた。

■ 母里(もり)藩(島根県安来市)

・ 松平家1万石・家門・陣屋。

・ 松江藩の支藩で、1666年に松江藩から分与。 


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示