「物江」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「ま」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 物江(ものえ)

【2014/12/25:改編】

# 福島県の会津地方の名字。

# 全国の大半は福島県にみられ、そのほとんどは喜多方市を中心とした会津地方にみられる。

# 福島県の物江家: 米沢街道の熊倉宿(福島県喜多方市熊倉町)の旧家。 

# 物江(ものえ)氏

・ 熊倉村: 福島県喜多方市熊倉町熊倉熊倉。江戸時代から明治時代中頃までに陸奥国耶麻郡にみられた村名。物江土佐が当村の検断に命ぜられており、代わりに諸役免除の特典が物江氏に与えられている。物江氏は、もと鈴木氏と称し、代々蘆名氏に仕えたといい、帰農して江戸初期には当地域一帯の市場支配権を掌握していたものと思われる。また「新編会津」には、慶長元和年間の年貢皆済目録11点を含む文書が収められている。肝煎は、もと蘆名氏の家臣であったと伝える赤城氏の世襲。赤木氏は蘆名氏の滅亡後浪人していたが、蒲生氏のとき当村の長となり、のち上杉氏に仕え、上杉氏移封後再び村長となった。

・ 大谷村(おおやむら): 江戸時代から明治初頭にかけて陸奥国耶麻郡にみられた村名。古くは大木村といい、大屋村とも書く。会津地方北部、阿賀川北岸に位置する。肝煎に物江太十郎の名が見える。【出典

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示