「江渡」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 江渡(えと)

【2016/03/15:改編】

# 全国の半数は青森県にみられる。青森県では三八上北地方にまとまってみられる。

# 青森県の江渡家: 五戸の豪商で南部藩の所給人(郷士)で、五戸代官所の役人も務めた。【出典】 

# 第二次安倍改造内閣の江渡聡徳防衛大臣は青森県十和田市の出身。

# 江渡(えど): 岐阜県可児市川合?岐阜県揖斐郡池田町八幡字江渡前?旧美濃国。荏戸・恵土・江戸とも書く。木曽川中流およびその支流可児(かに)川の流域に位置する。【出典

・ 荏戸郷: 鎌倉時代から美濃国可児郡にみられた郷名。

# 江渡(えど): 青森県青森市石江江渡。地名の由来は、開拓者江渡茂吉の苗字による。明治3年10月新村創立にむけて開墾者が募集された。これに応じたのが青森米町で呉服商を営んでいた江渡茂吉で、石神村地内岡部に宅地の割渡をうけ、俗に二本松の佐分利屋敷へ住宅を建築して移住し、開墾に着手した。【出典

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示