「鳴子」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 鳴子(なるこ):  宮城県大崎市鳴子温泉

・  江合(えあい)川上流に位置し、那須火山帯栗駒火山群鳴子火山の地。鳴子温泉郷の名のあるとおり、温泉の町。式内社にも温泉神社・温泉石神社の温泉にちなむ神社が玉造(たまつくり)郡には2社あり、ともに鳴子温泉の発祥にかかわるもの。「続日本後紀」承和4年4月16日条には、玉造塞(柵)配下の温泉石神が雷のごとく鳴り震動して、昼夜やむことなく、温泉が川に流れ、藍のようになり、山は焼け谷は埋まり、その地鳴りは雷のごとくで、奇怪はたとえようもないので、これをあつくいわいしずめる記事がある。このことから、鳴子の由来として、火山の震動する音に基づいて「鳴声(なるこえ)」と呼んだのが鳴子となったとするのは、あるいは正しいかもしれない。なお「義経記」には、山形県の亀割山で源義経の北の方が出産、弁慶がこれを笈(おい)に入れて東に向かったが赤児は泣かなかったとあり、伝説はその赤児がこの地で初めて泣いたので「啼児(なきご)」といい、それが鳴子となったとも伝えている。【角川日本地名大辞典】

・ 「川音の鳴る所」の意味。あるいは、「なる(緩傾斜地)」+「こ(接尾語)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 火山の震動する音に基づいて「鳴声(なるこえ)」と呼んだのが鳴子となったといわれる。

・ 鳴子温泉駅(なるこおんせんえき): JR東日本・陸羽東線。宮城県大崎市鳴子温泉字湯元。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示