青木昆陽
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 青木昆陽(号)

・ 「青木」の名字の由来

・ 1698年〜1769年
・ 本名: 敦書(あつぶみ)
・ 別名: 厚甫(こうほ)
・ 通称: 文蔵
・ 渾名: 芋先生、甘藷先生
・ 江戸の魚問屋の「佃屋」に生まれた。

・ 享保の飢饉の際に、薩摩藩で「甘藷(サツマイモ)」の栽培に成功したことを知った昆陽は、吉宗により甘藷の栽培実験を命ぜられ、それに成功した。その功績により幕臣に取り立てられ、のちに書物奉行となった。

# 青木昆陽は江戸の日本橋小田原町の「佃屋(つくだや)」という魚問屋の息子。学問が好きで古義学の伊藤東涯に学んだ。


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示