「鼠ケ関」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 山形の地名集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 鼠ケ関(ねずがせき): 山形県鶴岡市鼠ケ関

・ 念珠関村: 明治時代から昭和にかけて山形県の庄内地方(現鶴岡市)に見られた村名。村名は、「日本外史」に源義経が当地を通過のおり、弁天島の勝景を「念珠(ねんじゆ)を連ねたるが如し」と述べたと見えることに由来する。【角川日本地名大辞典】

・ 「寝ずが関」で、一晩中寝ずに張り番をする番所、関所を意味する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

【古代鼠ヶ関址・関戸生産遺跡】

・ 山形県鶴岡市鼠ヶ関:  県境のほど近く。鼠ヶ関という地名の由来は「子(ね・北)」の「津(つ・港)」の関所という説が有力。11世紀の歌枕に記述が残り、歴史的背景も確か。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示