県犬養氏
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 古代豪族の目次
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 県犬養(あがたのいぬかい)氏: 

・ 犬を使って県の守備や宮廷の警備を行った犬養部を率いる氏族

・ 姓(かばね)は「連」

# 県犬養(あがたのいぬかい)氏

・ 県犬甘とも書いた。犬を使って県の守衛にあたった犬養部の伴造氏族。県犬養氏の本貫はその氏名から茅渟県(のちの和泉国一帯)とみられるが、ほかに同氏の分布が濃密な河内国古市郡(大阪府羽曳野市)説もある。姓は初めは連、天武天皇十三年(684年)に宿禰を賜った。新撰姓氏録の左京神別中に「県犬養宿禰。神魂命八世孫阿居太都命之後也」とある。日本書紀の安閑天皇二年九月丙午条には県犬養連が桜井田部連・難波吉士らとともに屯倉の税を掌ったとみえ、また新撰姓氏録によると、同祖と伝える氏族に大椋置始(おおくらのおきそめ)連や巨椋(おおくら)連がいることから、県犬養氏は屯倉や大蔵の守衛にあたったことがうかがわれる。県犬養宿禰三千代が草壁皇子の子の軽皇子(後の文武天皇)の乳母となったのも、この縁からであろう。三千代は初めは美努王に嫁して葛城王(のちの橘宿禰躔察砲蕕鮴犬鵑世、やがて藤原朝臣不比等の妻となって安宿媛(のちの光明皇后)をもうけ、藤原氏隆盛の基礎を築いた。和銅元年(708年)、三千代は天武朝以来の宮廷に仕えた忠誠を賞され、橘宿禰の氏姓を賜った。天平五年(733年)内命婦正三位で没したが、その葬儀は散一位に准じて行われた。【出典

統計表示