永祚
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 元号のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【永祚(えいそ)】

・ 平安時代。989年〜990年。一条天皇。出典は「晋書」。

・ 改元理由: 永延3年(989年)、地震などの厄災を払うためと、彗星が観測されたため改元。これはハレー彗星だったそうだ。

・ 永延2年(990年)に、一条天皇が元服して藤原道隆の娘の定子(ていし)が入内(じゅだい)した。この定子に女官として使えたのが「枕の草子」の著者の清少納言。

・ 永祚元年に、日本の古代史上最大の暴風雨と言われる「永祚の風」が発生。


【参考: 元号でたどる日本史 PHP文庫】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示