出典
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴代天皇
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 易経(えききょう): 古代中国の書物。著者は伏羲とされている。商の時代から蓄積された卜辞(ぼくじ)を集大成したものとして易経は成立した。 「卜」(ぼく)が動物である亀の甲羅や牛や鹿の肩甲骨に入ったヒビの形から占うものであるのに対して、「筮」(めどき/めどぎ)は植物である「蓍」(シ、めどぎ)の茎の本数を用いた占いである。 現代では、哲学書としての易経と占術のテキストとしての易経が、一部重なりながらも別のものとなっている。中心思想は、陰陽二つの元素の対立と統合により、森羅万象の変化法則を説く。易経は儒家である荀子の学派によって儒家の経典として取り込まれた。 「玄学」の立場からは「老子道徳経」・「荘子」と合わせて「三玄(の書)」と呼ばれる。 また、中国では「黄帝内經」・「山海經」と合わせて「上古三大奇書」とも呼ぶ。【Wikipediaより】

■ 会要(かいよう): 一つの王朝の国家制度・歴史地理・風俗民情を収録した歴史書の一種。二十四史の志や表の不足を補うものである。最初に編纂された会要は、後周・北宋の王溥が編纂した「唐会要」である。宋では有史館・編修院・国史院・実録院・日暦所・起居院・玉牒所・聖政所・時政記房などの記録機構があり、さらに「会要所」が設立され、2千余巻の宋の会要が編纂された。しかし李心伝の「国朝会要総類」以外はすべて散逸してしまったため、後に徐松が「永楽大典」の中から必要部分を取り出して、「宋会要輯稿」を編纂した。元・明では会要は編纂されず、会典の編纂に重点が置かれた。その後、清の初めから乾隆時代にかけて再び多くの会要が編纂された。【Wikipediaより】

■ 顔氏家訓(がんしかくん): 中国北斉の顔之推が著した家訓、つまり子々孫々に対する訓戒の書である。全7巻(明の7巻本もあり)。【Wikipediaより】

■ 漢書(かんじょ): 中国後漢の章帝の時に班固・班昭らによって編纂された前漢のことを記した歴史書。二十四史の一つ。「本紀」12巻・「列伝」70巻・「表」8巻・「志」10巻の計100巻から成る紀伝体で、前漢の成立から王莽政権までについて書かれた。「後漢書」との対比から前漢書ともいう。「史記」が通史であるのに対して、漢書は初めて断代史(一つの王朝に区切っての歴史書)の形式をとった歴史書である。「漢書」の形式は、後の正史編纂の規範となった。【Wikipediaより】

■ 韓非子(かんぴし): 中国戦国時代の法家である韓非の著書。内容は春秋戦国時代の思想・社会の集大成と分析とも言えるものである。【Wikipediaより】

■ 旧唐書(くとうじょ): 中国五代十国時代の後晋出帝の時に劉※・張昭遠・賈緯・趙瑩らによって編纂された歴史書。二十四史の一つ。唐の成立(618年)から滅亡まで(907年)について書かれている。当初の呼び名は単に「唐書」だったが、「新唐書」が編纂されてからは「旧唐書」と呼ばれるようになった。【Wikipediaより】

■ 群書治要(ぐんしょちよう): 中国・唐代初期に、治世のための参考書として編まれた書籍である。太宗の奉勅撰。50巻。【Wikipediaより】

■ 芸文類聚(げいもんるいじゅう): 中国の唐代初期に成立した類書である。武徳7年(624年)、欧陽詢らが、高祖の勅を奉じて撰した。100巻。隋代の「北堂書鈔」、唐代の「初学記」、「白氏六帖」と共に「四大類書」と称せられる。【Wikipediaより】

■ 孝経(こうきょう): 中国の経書のひとつ。曽子の門人が孔子の言動をしるしたという。十三経のひとつ。孝の大体を述べ、つぎに天子、諸侯、郷大夫、士、庶人の孝を細説し、そして孝道の用を説く。【Wikipediaより】

■ 孔子家語(こうしけご): 「論語」に漏れた孔子一門の説話を蒐集したとされる古書。10巻。「漢書」芸文志論語部に「孔子家語二十七巻」とあるが、その内容に関してはほとんど伝わらず、27巻本はその後程なくして散逸したと見られている。顔師古の注では、伝世本に非ずとしている。現在に伝わる「孔子家語」は、魏の王粛が再発見したものに注釈を加えたと称する44篇のものである。【Wikipediaより】

■ 後漢書(ごかんじょ): 中国後漢朝について書かれた歴史書で、二十四史の一つ。紀伝体の体裁を取り、本紀10巻・列伝80巻・志30巻の全120巻からなる。「本紀」「列伝」の編纂者は南朝宋の范曄で、「志」の編纂者は西晋の司馬彪。【Wikipediaより】

■ 後魏書(ごぎしょ): 「魏書」(ぎしょ)は、中国北斉の魏収が編纂した北魏の正史である。「北魏書」、「後魏書」とも。二十四史の一。構成は、本紀14巻、列伝96巻、志20巻で、全130巻からなる紀伝体。本紀と列伝の部分は、554年(天保5年)に、志の部分は、559年(天保10年)に成立した。【Wikipediaより】

■ 五経(ごきょう): 五経(ごけい・ごきょう)または六経(りっけい・りくけい)は、漢代に官学とされた儒学における経書の総称。「六経」とは『詩』(詩経)、『書』(書経)、『礼』(礼記)、『楽』(楽経)、『易』(易経)、『春秋』の6つの経書を言うが、このうちはやくに失われた『楽』を除いた5つの経書を「五経」と言う。【Wikipediaより】

■ 国語(こくご): 中国春秋時代を扱った歴史書。著者は「春秋左氏伝」の著者とされる魯の左丘明であると言われているが定かではない。実際は戦国末期の史書であるという説もある。だが、古くから『春秋左氏伝』の「外伝」であると言われており(「漢書」の中では「春秋外伝」という名称で呼ばれている)、両者には何らかの関係があると考えられている。【Wikipediaより】

■ 後周書(ごしゅうしょ): 「周書(しゅうしょ)」は、唐の令狐徳らが太宗の勅命によって撰した紀伝体の断代史で、二十四史の一つである。西魏、北周両朝の歴史を記録した正史である。「北周書(ほくしゅうしょ)」、「後周書(こうしゅうしょ)」とも呼ぶ。50巻、636年(貞観10年)に完成した。【Wikipediaより】

■ 呉書(ごしょ): 「三国志」を構成する巻の一つ。呉志とも呼ばれる。中国の三国時代・呉についての記述。「三国志」全65巻のうちの46巻〜65巻の部分に相当する。【Wikipediaより】

■ 左伝(さでん): 「春秋左氏伝」(しゅんじゅうさしでん)は、孔子の編纂と伝えられている歴史書「春秋」(単独の文献としては現存しない)の代表的な注釈書の1つで、紀元前700年頃から約250年間の魯国の歴史が書かれている。通称「左伝」。「春秋左氏」「左氏伝」ということもある。現存する他の注釈書「春秋公羊伝(公羊伝)」「春秋穀梁伝(穀梁伝)」とあわせて春秋三伝(略して三伝)と呼ばれている。前漢末の劉?によって、後漢では三伝の中で「左伝」が一番高く評価された。これは撰者の左丘明が孔子の弟子であるためとされた。【Wikipediaより】

■ 詩緯(しい): 「詩経」の深意を解説するという名目で書かれた緯書(予言などの奇怪な説を記した書)。本文は散逸しており、「諸書」に引用された逸文のみが残る。「緯書」には「礼記」その他さまざまな経書を注釈する形をとるものがあるが、多くは内容も似通っていたらしい。しかし本文の残るものは僅少のため実態は不明な点が多い。【Wikipediaより】

■ 史記(しき): 中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された歴史書である。二十四史の一つで、正史の第一に数えられる。計52万6千5百字。著者自身が名付けた書名は「太史公書」(たいしこうしょ)であるが、後世に「史記」と呼ばれるようになるとこれが一般的な書名とされるようになった。二十四史の中でも「漢書」と並んで最高の評価(史漢)を得ており、単に歴史的価値だけではなく文学的価値も高く評価されている。日本でも古くから読まれており、元号の出典として12回採用されている。【Wikipediaより】

■ 史記正義(しきせいぎ): 唐の張守節による「史記」の注釈書。史記三家注のひとつ。30巻。その序によれば唐の開元24年(736年)に成立。【Wikipediaより】

■ 詩経(しきょう): 全305篇からなる中国最古の詩篇。儒教の経典である経書の一つに数えられる。 先秦時代には単に「詩」と呼称されたが、後漢以降、毛氏の伝えた「詩経」のテキスト・解釈が盛行したため、「毛詩」という名で呼ばれるようになった。宋代以降に経典としての尊称から「詩経の名前が生まれた。中国においては、古代から「詩経」と「書経」は「詩書」として並び称され、儒家の経典として大きな権威を持った。中国の支配層を形成する士大夫層の基本的な教養として、漢代から近世に至るまでさまざまに学ばれ、さまざまな解釈が生まれた。一方、経典として扱われる以前の「詩経」が、そのような環境で生み出され、いかなる人々の間で伝承され、元来いかなる性格の詩集であったのか、といった事柄には多くの学説があり、はっきりとした定論はない。【Wikipediaより】

■ 周易(しゅうえき): 易経に記された、爻辞、卦辞、卦画に基づいた占術である。「易」の意味は、変化、蜥蜴、日月、など、昔から諸説ある。易経は、周王朝時代に成立し、周文王の作とされている。伝説以上のものではない。【Wikipediaより】

■ 周書(しゅうしょ): 唐の令狐徳?らが太宗の勅命によって撰した紀伝体の断代史で、二十四史の一つである。西魏、北周両朝の歴史を記録した正史である。「北周書」(ほくしゅうしょ)、「後周書」(こうしゅうしょ)とも呼ぶ。50巻、636年(貞観10年)に完成した。【Wikipediaより】

■ 荀子(じゅんし): 紀元前298年(紀元前313年?) - 紀元前238年以降)は、中国戦国時代末の思想家・儒学者。荀子および後学の著作群は、前漢末に劉向によって整理され、「孫卿新書」32篇12巻としてまとめられた(河平3年、紀元前26年)。「漢書」芸文志に「孫卿子」として出ている。唐の楊次蔽羚餮貳如砲賄時伝承されていたテキストが混乱していたのでこれを校訂して注釈を加え、書名を「荀子」と改め、劉向の篇の配列を一部改めて内容のまとまりのある順番に並べ替え、32篇20巻とした。【Wikipediaより】

■ 春秋(しゅんじゅう): 古代中国東周時代の前半(=春秋時代)の歴史を記した、編年体の歴史書である。一方で、儒教においては単なる歴史書ではなく、孔子が制作に関与した思想書であるとされ、儒教経典(五経または六経)の一つ「春秋経」として重視される。『春秋』が読まれる際は必ず、三つの伝承流派による注釈「春秋三伝」のいずれかとともに読まれる。「春秋」は、春秋学と呼ばれる学問領域を形成するほどに、伝統的に議論の的になってきた。【Wikipediaより】

■ 貞観政要(じょうがんせいよう / ぢょうがんせいよう): 中国唐代に呉兢が編纂したとされる太宗の言行録である。題名の「貞観」は太宗の在位の年号で、「政要」は「政治の要諦」をいう。全10巻40篇からなる。【Wikipediaより】

■ 城門校尉(じょうもんこうい): 校尉(こうい)は、前漢以降の中国と、律令制下の日本に置かれたことがある武官の官職である。漢の制度において、将軍が兵を領する場合、部・曲が置かれる。部には校尉(官秩比二千石)、軍司馬(官秩比千石)が置かれる。この部を率いるのが校尉である。部の下に曲があり、軍候(官秩比六百石)が置かれる。曲の下には屯があり、屯長(官秩比二百石)が置かれる。また、城門校尉、中塁校尉、屯騎校尉、歩兵校尉、越騎校尉、長水校尉、射声校尉、虎賁校尉の八校尉や、胡騎校尉、司隷校尉、西域副校尉(城門校尉から西域副校尉まで、官秩は比二千石)、後漢末の西園八校尉など、高級武官の名称にも「校尉」が多く使われている。これらの高級武官は同じ「校尉」であっても、将軍配下の校尉とは別物である。これは都尉と付いても中央の高級武官と地方の郡に属する者がいることと似ている。【Wikipediaより】

■ 書経(しょきょう): 中国古代の歴史書で、伝説の聖人である堯・舜から夏・殷・周王朝までの天子や諸侯の政治上の心構えや訓戒・戦いに臨んでの檄文などが記載されている。「尚書」または単に「書』」も呼ばれ、儒教の重要な経典である五経の一つでもある。【Wikipediaより】

■ 新五代史(しんごだいし): 北宋の欧陽脩による歴史書。元の名を「五代史記」といい、皇祐5年(1053年)書となった。私撰であるため家に蔵されていたが、撰を終えた後に朝廷に献上された。乾隆のとき、薛居正の「旧五代史」と共に正史とするため、欧陽脩の史は「新五代史」と改称された。本紀12巻・列伝45巻・考3巻・世家及年譜11巻・四夷附録3巻の合わせて74巻。後梁の開平元年(907年)から後周の顕徳7年(960年)までの歴史が記載されている。【Wikipediaより】

■ 晋書(しんじょ): 中国晋朝(西晋・東晋)について書かれた歴史書。二十四史の一つ。唐の貞観20年(646年)に太宗の命により、房玄齢・李延寿らによって編纂が開始され、貞観22年(648年)に完成した。帝紀十巻・載記(五胡の単于・天王・皇帝に関する記述)三十巻・列伝七十巻・志二十巻によって構成される紀伝体。【Wikipediaより】

■ 隋書(ずいしょ): 二十四史の一つで第13番目にあたる。中国大陸史の中における隋代を扱った歴史書。志の部分だけは通史である(【Wikipediaより】 

■ 荘子(そうじ、そうし): 荘子(荘周)の著書とされる道家の文献。現存するテキストは、内篇七篇、外篇十五篇、雑篇十一篇の三十三篇で構成される。【Wikipediaより】

■ 宋書(そうじょ、そうしょ): 中国南朝の宋の60年間について書かれた歴史書。宋・斉・梁に仕えた沈約(441年 - 513年)が南朝斉の武帝に命ぜられて編纂した。本紀10巻・列伝60巻・志30巻の計100巻からなる紀伝体。二十四史の一つ。【Wikipediaより】

■ 大載礼(だたいらい): 大戴礼記(だたいらいき)は、漢代の儒者戴徳が、古代の礼文献を取捨して整理した、儒教関連の論文集である。戴徳の甥である戴聖も「礼記」(小戴礼記)を著しており、区別し「大戴礼記」と呼ぶ。単に「大戴礼」(だたいらい)と呼ぶ場合もある。なお「大戴」は「ダタイ」と呼ばれることが多い。【Wikipediaより】

■ 通典(つてん): 唐の杜佑が書いた、中国の歴史上初めての形式が完備された政書で、十通の1つ。全200巻、加えて考証1巻。【Wikipediaより】

■ 博物誌(はくぶつし): 古代ローマの大プリニウスが著した書。全37巻。地理学、天文学、動植物や鉱物などあらゆる知識に関して記述している。数多くの先行書を参照しており、必ずしも本人が見聞、検証した事柄だけではない。怪獣、巨人、狼人間などの非科学的な内容も多く含まれ、学問的な体系を完全に成しているわけではない。【Wikipediaより】

■ 白虎通(びゃっこつう): 白虎通義(びゃっこつうぎ)は、後漢の章帝の時代に儒教経典の解釈について議論するために開かれた「白虎観会議」の結果を、班固に命じて整理させた書である。「白虎通」、「白虎通徳論」とも呼ぶ。【Wikipediaより】

■ 抱朴子(ほうぼくし): 晋の葛洪の著書。内篇20篇、外篇50篇が伝わる。とくに内篇は神仙術に関する諸説を集大成したもので、後世の道教に強い影響を及ぼした。【Wikipediaより】

■ 北斉書(ほくせいしょ): 唐の李百薬の書いた紀伝体の断代史で、二十四史の一つである。紀8巻と列伝42巻の合計50巻、636年(貞観10年)の成立。東魏・北斉の歴史を記載した正史である。【Wikipediaより】

■ 孟子(もうし、もうじ): 儒教の思想家・哲学者である孟子の逸話・問答の集成である。成立は紀元前4世紀後半・戦国時代まで遡る。宋代以降は「四書」「十三経」に含められ儒教経典の一つとされる。【Wikipediaより】

■ 毛詩註(もうしちゅう): 「詩経」は、全305篇からなる中国最古の詩篇。儒教の経典である経書の一つに数えられる。 先秦時代には単に「詩」と呼称されたが、後漢以降、毛氏の伝えた「詩経」のテキスト・解釈が盛行したため、「毛詩」という名で呼ばれるようになった。宋代以降に経典としての尊称から「詩経」の名前が生まれた。【Wikipediaより】

■ 文選(もんぜん): 中国南北朝時代の南朝梁の昭明太子蕭統によって編纂された詩文集。全30巻。春秋戦国時代から南朝梁までの文学者131名による賦・詩・文章800余りの作品を、37のジャンルに分類して収録する。隋唐以前を代表する文学作品の多くを網羅しており、中国古典文学の研究者にとって必読書とされる。【Wikipediaより】

■ 礼記(らいき): 儒教の最も基本的な経典である「経書」の一つで、「周礼」「儀礼」と合わせて「三礼」と称される。「小戴礼記」とも。全49篇。【Wikipediaより】

■ 梁書(りょうしょ): 中国南朝の梁(502年から557年)の歴史を記した歴史書。56巻。629年(貞観3年)に、陳の姚察の遺志を継いで、その息子の姚思廉が成立させた。【Wikipediaより】

■ 老子(ろうし): 中国春秋時代における哲学者。諸子百家のうちの道家は彼の思想を基礎とするものであり、また、後に生まれた道教は彼を始祖に置く。「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられている。書物「老子」(またの名を「老子道徳経」)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されたり、生きた時代について激しい議論が行われたりする。道教のほとんどの宗派にて老子は神格として崇拝され、三清の一人である太上老君の神名を持つ。【Wikipediaより】

■ 論語(ろんご): 孔子とその高弟の言行を、孔子の死後に弟子が記録した書物である。儒教の経典である経書の一つで、朱子学における「四書」の一つに数えられる。その内容の簡潔さから儒教入門書として広く普及し、中国の歴史を通じて最もよく読まれた本の一つである。古くからその読者層は知識人に留まらず、一般の市民や農民の教科書としても用いられていた[1]。【Wikipediaより】

統計表示