黒田家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 黒田家(くろだけ): (黒田の名字の由来

# 代表家紋

# 黒田官兵衛の黒田氏は、以前は宇多源氏の京極氏の出と言われていたが、最近では播磨国の赤松氏の庶流という説も出ている。【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】

# 黒田家: 家紋「藤巴」

・ 出自は、宇多源氏の佐々木氏流の京極氏の庶流説と、播磨国豪族の赤松氏の庶流説がある。黒田孝高(官兵衛)が織田信長に仕え、豊臣秀吉に属した。天正15年(1587年)に秀吉の九州平定の功で豊前国中津(大分県)を与えられ、その子の長政が関ヶ原の合戦後に筑前国の国主となった。【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】

# 黒田長政

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示