天穂日命
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 天穂日命(アメノホヒ、あめのほひのみこと)

・ 日本神話に出てくる「男神」で天照大神(アマテラスオオミカミ)の二男。国譲りのために出雲の大国主命の元に使いに行ったが、大国主命に信服して地上に住み着いた。また、地上を平定したという説もある。

・ 国譲りの神話で、大国主命のもとに交渉に行くが、大国主命に心酔して居着く。出雲の地で子供を作り、子ども達は各地に散り、国造となる。埼玉郡に住み着いたのが土師氏武蔵国国造の祖は天穂日命(あめのほひのみこと)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示