「高擶」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 山形の地名集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 高擶(たかだま): 山形県天童市高擶

・ 高擶は、戦国期には高楡とも書いた。

・ 高擶(たかたま)駅: 天童市高擶(たかだま)。JR奥羽線。地名は「たかだま」と濁るが、駅名は「たかたま」と濁らない。しかし、地元では普通「たかだまえき」って濁るよなぁ。由来は細い竹を輪切りにして神事に用いる竹玉(たかだま)に由来するともいわれるが不詳

・ 天童市の教育委員会によると、寒い土地に生える「たかだもの木」が「たかたま」に転じたという。また、「擶(せん)」に矢の曲がりを正すという意味があり、ヤマトから来た政府軍の矢を直した技術者が住んだ土地ともいわれる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

統計表示