「笠田」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 笠田(かせだ): 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田

・ 員弁(いなべ)川支流の明智川左岸の中位段丘上でもっとも広い笠田野に位置する。地名の由来は下笠田の枝郷であることにちなみ、藩主松平定綱が名付けたと伝えられる。【出典

・ ※田・※田・加勢田・賀勢田とも書く。紀ノ川中流右岸の北部は洪積台地、南部は沖積平地上に位置する。地名の由来は、麻の枝の部分で?木を作り稲の害虫イナゴを追い払った田地であることによるというが、詳細は不明。【出典

・ 「笠田」は「悴田(かせだ)」で、痩せた土地の意味とみられるが、「河岸(かし)」+「タ(接尾語)」の転で「川岸の意味」の説もある。【出典:難読・誤読駅名の事典 浅井建爾 東京堂出版】

・ 旧加勢田(かせだ)荘で、※田(かせだ)とも書き、転訛して「笠田」となった。「※(かせぎ)」を作って「蝗(いなご)」除けのまじないをしたとの話もあるが、「セダ(狭田)」が「カセダ」になったとも考えられる。【出典:JR・第三セクター 全駅名ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

・ 笠田駅(かせだえき): JR西日本・和歌山線。和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田東。  

統計表示