「愛子」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 愛子(あやし): 宮城県仙台市青葉区愛子

# 山形市と仙台市を結ぶ仙山線の仙台市の郊外に「愛子駅」というのがあり、東宮家の第一子の「愛子」様が生まれたときにブームになりました。読み方は「あやし」です。愛子駅の近くに「子愛(こやす)観音」があり、「こあやし観音」とも言われたことに由来します。

# 愛子駅(あやしえき): JR東日本・仙山線。宮城県仙台市青葉区愛子中央。駅名の由来は、駅の近くにある子愛(こやす)観音は「こあやし観音」とも呼ばれており、それが転訛したとする説が有力。【難読・誤読駅名の事典 浅井建爾  東京堂出版】

# 「愛子」の意味。
・ 愛子(いと-こ): 上代語では「男女ともに、親しい人を呼ぶ語。いとしい人。」
・ 愛子(まな-ご): 最愛の子。かわいい子。いとしい子。

# 「愛子」の名字

統計表示