カシマ大神
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史の小部屋Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ カシマ大神

・ カシマ大神は、常陸国風土記の香島(かしま)郡の条に、「香島の天の大神」の名前で登場する。孝徳天皇の時代、己酉の年(649年)、中臣氏が惣領であった高向氏に願い出て、いくつかの郡を割いて、神郡を建てた。その場所にいる天の大神の社・坂戸の社・沼尾の社の三社を合わせ総称して、「香島の天の大神」という。そのようなため、この郡を香島と名付けた。【古代風土記の事典 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示