大和言葉(やまとことば)の勧め
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 古代語とアイヌ語
「日本語」雑学集 大和言葉での表現
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【やまとことばの勧め】

現代の日本語は、「やまとことば」「漢語」「外来語」の集合体で、いわば「言語のるつぼ」的状態ですが、日常で「やまとことば」を使うと、心がたおやかになって、少しは「切れる若者」や「切れる老人」が少なくなるのではないだろうか?と、思う次第である。

昔、父の書斎に行くと、本棚に「読むクスリ(上前淳一郎)」という本があり、よく読んだものですが、日常で「やまとことば」を使うことは、「話すクスリ」になるような気もします。

さて、「やまとことば」の一番の特徴は「一音」でも意味を持つということで、他の言語にはないらしい。

たとえば、「め(目・芽)」「て(手)」などが代表的で、昔あった「め」という「やまとことば」に様々な漢字をあてて、現代の日本語となったようである。

  屬瓠廖А 峅蝓廖嵬棔廖植物の種を植えてしばらくすると「芽」が出る。イメージ的には、地中から地上に顔を出し、キョロキョロあたりをうかがっている様にも見える。潜水艦の潜望鏡のようですねぇ。そして、人体の「目」も、まさにそのような役割を果たしている。
◆ 屬蓮廖А 嵳奸廖峪」。植物における葉は二酸化炭素を取り入れて光合成をし栄養をとるには欠かせない物。そして、人体の歯も栄養をとるのには欠かせない存在。
 「み」: 「実」「身」。植物における実は、その集大成。そして、人体における「身」も集大成。
ぁ 屬呂福廖А 峅屐廖嵒 廖これは番外編の2音。「花」は植物の中心を成すもの。「鼻」も身体(顔)の真ん中にある。もっとも、「はな」の語源は「端」で、真ん中では無いようですが(笑)。
そういや、「はなからわかりきったこと」なんて表現もありますねぇ。「最初から」という意味でしょうが、やはり「最初」や「最後」は「端」ですねぇ。

さて、ここからは「やまとことば」の雑学。「やまとことば」を楽しむには、まず、「心の中で漢字を捨てる」こと。そして「心の耳で音(おん)を感じる」こと。
# 湖(みずうみ): 真水(まみず)+海(うみ)=「まみずうみ」→「みずうみ」
# 休む(やすむ): 屋(や)+住む(すむ)。つまり、休日のテーマパークに行っても休みにはならないんですねぇ。自宅でのんびり、好きなお酒でも飲み、好きな本を読んだり、音楽を聞いたり。この「自宅」がポイントかなぁ。ただし、中には「自宅では休めない」という方もおられるでしょう。でも、それは個人的に解決してもらわないとな(笑)
# つわり: 漢字では「悪阻」と書き、いかにも妊娠によって気持ちが悪くなる様を表している。しかし、その語源は「つわる」で、「植物が芽生えるという意味」や「きざし(徴候)」を意味するようだ。

さて、日常会話で使える「やまとことば」にはどんなものがあるだろう?ちょっとみたところかなりありそう。それらはオイオイ書いてみますが、今日の〆は「トッピング」。

よく、料理で「トッピング」という表現を使いますが、洋風料理には合いますが和風料理にはねぇ。「かけ蕎麦に天ぷらをトッピング」では・・・。正解?は「上置き(うわおき)」。その他に「箸休め」「お粗末さま」「お召し替え」なども「やまとことば」のようです。

※ 蛇足: 「言語のるつぼ」 。「ルツボ」なんていう言葉は社会的にはほぼ死語だろうかねぇ?強いて言えば「人種のるつぼ」なんかがあるか。しかし、この場合には「多くの人種が混在し融合しないで混ざり合わない様」というようなイメージがある。しかし、実際に「ルツボ」は金と銀を混ぜて融かして合金にするように、混在でなく一体なんですよねぇ。あくまでも個人のイメージです。(笑)

個人的には、「やまとことば」が似合う「こち亀」の「磯鷲早矢」なんかには、「キュン」ときそう。(笑)

【やまとことばの勧め2】

 中国の大学で日本語を教えている先生曰わく、「日本語を学んでいる中国人学生は、ちょっと見ただけですぐわかる。入学直後は区別がつかないが、日本語を学んでいくうちに、立ち居振る舞いが落ち着いて、性格や話し方が穏やかになっていく。」
心や考え方がことばをつくるだけではなく、ことばが心や考え方を作っていく。
【自分の名前の美しさに気づく やまとことば50音辞典 高村史司 飛鳥新社】

世界に「やまとことば(日本語)」を拡げて世界平和を!ゆくゆくは「やまとことば(大和言葉)」にノーベル平和賞を。(笑)

【やまとことばは一音でも意味を持つ】

■ 「あ」 全ての始まり 
・ 明け方、あかつき
・ 天(あま)
・ 阿吽の「あ」。英語もアラビア語も「あ」から始まる。
・ 「あ」で始まる名前は、「明るく育つ」という「言霊」をもつ。「あきら、あきこ、あけみ」
・ 「明るさ」に「温かみ」が加わると、「あつし、あつこ」となり、心温かく情け深いという意味をもつ。「あつし」さん、「あつこ」さん、おられますか?

■ 「い」 命の根本に関わる生命感にあふれる元気な音
・ いさましさ、活力、元気、神仏的。
・ 生きる、祈る、命、息をする。イザナギ、イザナミ。稲(飯・いい)。
・ 命: 「息・生(い)」の「霊(ち)」
・ いさむ。

■ う: 生まれた土地の神が味方する、温かみを感じさせる音
・ いにしえからのイメージ: 守り神、生む、うたかた、温かみ、はかなさ。
・ 産土(うぶすな): 「うむ+すな(砂)」で、神道においては「その人が生まれた土地」を意味する。
・ 「う」を発音するときは、唇を小さく丸めるので、こもった音になる。それが、あいまいさやはかなさ、ぼんやりとした温かみに通じる。

■ え: 頬が緩むような笑みは、思いやりにあふれた心遣い。
・ いにしえからのメージ: 柔らかな笑み、選び取る、思いやりの心、女性らしさ、気品。
・ 大和言葉では、「え」は「愛すべき」という意味。

■ お: 相手を広く受け入れるおおらかさ
・ いにしえからのイメージ: 発見、大きな器、敬いの心、丁寧さ、さりげなさ。
・ 頭に「お」をつけて、「お茶」「お花」「お薬」「お冷や」などのように丁寧に表現するのは、室町時代以降に、宮中にいる女性を中心に広まった。
・ 江戸時代には、女性の名前に「お」をつけて、「お菊」などと言ったのは、親愛の気持ちを表した。

■ か: 「かがやく」光に、満ちた力強さ
・ いにしえからのイメージ: 力にあふれる、激しい勢い、大胆さ、目立たせる。

■ き: きらきら、きらめく、輝く若さ
・ いにしえからのイメージ: きらびやか、新鮮さ、純粋、無垢、お酒。
・ きときと: 富山弁で、富山湾で獲れる魚介類の新鮮さを示す。

■ く: くもり空に似た、おくゆかしさ
・ いにしえからのイメージ: くぐもる、暗さ、はにかみ、おくゆかしさ。
・ 薬の原料が採れる木は、「薬の木」で、「くすのき(楠)」。

■ け: 不思議な霊力を持つ怪異な存在
・ いにしえからのイメージ: 妖しさ、オーラ、ぼんやりとしたもの、日常。
・ 「もののけ(物の怪)」。
・ 「け」で始まる大和言葉の人名はほとんど無い。「恵子、敬子、啓子」などの名前はいずれも音読みの漢語由来。

■ こ: かわいらしさを強調するワンポイントの音
・ いにしえからのイメージ: 優しさ、大切にしたい思い、小粋、親愛。
・ 語頭や語尾に「こ」をつけるとかわいらしさを表す。「子牛、子猫、小首をかしげる」「小雪がちらつく」「小一時間」。「娘っ子」「わんこ」「どじょっこ、ふなっこ」。
・ 「こ」で始まる大和言葉の人名。「こはる、こゆき、こたろう、こずえ」
・ 「こずえ(梢)」 : 「木(こ)+末(すえ)」で、「木や枝の先」。
・ 「木」の漢字は、他の語と重なると「こ」読みになる。「木陰(こかげ)」「木漏れ日」「木枯らし」「木霊(こだま)」。

■ さ: 「さっぱり」、「さわやか」な、愛らしさ。
・ いにしえからのイメージ: 上品、一瞬の輝き、春。
・ 「さ」で始まる大和言葉には稲作にまつわるイメージの強いものが多い。「五月(さつき)」「早苗(さなえ)」「早乙女(さおとめ)」
・ 「さ」で始まる大和言葉の人名。「さゆり、さよ」。
・ 「さ」は春のイメージ: 「桜(さくら)」、「春の小川はさらさら流れる」。

■ し: 「しみじみ」と、心にしみる、「忍ぶ」音。
・ いにしえからのイメージ: 静けさ、心にしみ入る、忍ぶ、はっきりする。
・ 「雪がしんしん降る」「しーっ」「しとしと」「しくしく」「
・ 「し」で始まる大和言葉の人名。「しほ、しの」。
・ 「仕事(しごと)」: 大和言葉。漢字の「仕」は当て字で、この「し」は、「する」のこと。従って、仕事は「すること」という意味。「試合(しあい)」は「やりあうこと」。「幸せ(しあわせ)は、し+合わせ」
・ 数字の「四(し)」は「死」に通じるので縁起が悪いと言うが、「四(し)」は音読み(漢語読み)なので、大和言葉の「死」と関連付けても意味が無い。

■ す: 「素」のままの、「すさまじい」力で、「すくすく」と。
・ いにしえからのイメージ: 激しさ、澄んでいる、うまく流れる、ありのまま。

■ せ: せかせかしている「瀬」と、どっしりしている「背」と。
・ いにしえからのイメージ: 頼りがいのある、あわただしい、ゆれる、親しみのある男性。
・ 「せ」という音には、「さ行」に共通する強い動きのイメージが込められていると同時に、しっかりとした頼りがいのあるイメージの両方が込められている。古語で「せせる」は、小刻みに動きを繰り返すという意味を指す。
・ 「せっせと働く」「気がせく」「せかせか」
・ 古代の日本では、女性から男性を親しみを込めて「せ」と呼んでいた。妻が夫を、女性が男の恋人を、女性が男兄弟を、年齢の上下なく呼ぶときに「せ」と言った。漢字では「背」または「兄」「夫」と書いた。「背」という漢字は当て字のようで、「背が高い、低い」の背とは違う。とはいえ、「せ」という音からは、頼りがいのある男性の後ろ姿が連想できる。その反対は「いも(妹)」という。

■ そ: そよそよと吹く風に、そわそわと、そそられるころ。
・ いにしえからのイメージ: 相手に働きかける、軽やか、心地よさ、そよぐ。
・ 「そよそよ」「そよぐ」「そよかぜ」
・ 「そ」で始まる大和言葉の名前: 「そのこ、そのか」

■ た: たったっと、リズミカルにたたく音。
・ いにしえからのイメージ: 高貴、馴染み深いもの、躍動性。

■ ち: 血であり、乳であり、魂を意味する。
・ いにしえからのイメージ: 体内をめぐるもの、魂や霊、畏怖、神々しさ、たくさんの。
・ 心身の根本に関係するものが「ち」。「血」「乳」。
・ そもそも、「ち」は、魂や霊という意味で使われた。「命(いのち)」の「い」は「息」、「ち」は霊。従って、「息のもとになる霊」「息をしている魂」、つまり生命そのもの。

■ つ: 春を呼ぶ土筆が、つんつんと土を突く。
・ いにしえからのイメージ: 目覚め、添える、港。

■ て: てんてこまいの忙しさも、てきぱきと片付ける人
・ いにしえからのイメージ: マイペース、絶えず変化する、人そのもの、示す。
・ 「て」で始まる言葉には慌ただしさを感じる。「てんてこまい」「てんやわんや」

■ と: 流れの速さや、鋭くとがった、イメージ
・ いにしえからのイメージ: 突出する、出入り、個性的、人。

■ な: 生活に密着した、安心感のある音
・ いにしえからのイメージ: 菜っ葉、大地、名前、生活と密接なもの
・ 「な」の音には柔らかみがあるため、よく名前に使われる。「あきな、なつみ、まな、かな、なな」

■ に: にこにこにっこり、頬がゆるんでくる
・ いにしえからのイメージ: 周囲を和ます、ゆっくりと伸びる、神聖、土。
・ 古代日本では、土のことを「に」と呼んでいた。とくに、土器の原料になる赤土を「に」「にっち」と呼ぶことが多かったため、やがて赤い顔料のことを「に」というようになり、「丹」の字をあてた。「につち(丹土)」は、神社の朱塗りの原料として使われ、罪やけがれを寄せ付けない力を持つと考えられていた。また、青い顔料は「青丹(あおに)」と呼ばれた。青丹は奈良が産地だったため、平城京には朱に加えて青い色がふんだんに使われていた。

■ ぬ: ぬくぬくとした、ぬくもりを、感じさせる。
・ いにしえからのイメージ: うまく力を抜く、ゆっくり、とらえどころのない。

■ ね: 考えを練りに練って、粘り強い人になる。
・ いにしえからのイメージ: 根性、どっしりと構える、人の声。

■ の: のほほんとして、のびのびユーモラス
・ いにしえからのイメージ: 温かみ、のんびり、野原。

■ は: 晴れた春の日のような、明るい笑い声。
・ いにしえからのイメージ: 晴れ、ピンと張る、話し声、羽。

■ ひ: 日も火も、古代日本人にとって、重要なもの。
・ いにしえからのイメージ: 氷と火、お日様、一日の始まり。

■ ふ: ふさふさとゆれて、豊かさを表す。
・ いにしえからのイメージ: ぼんやりとした、温かみ、茂る、古い味わい。

■ へ: へなへな、へらへらの、脱力系
・ いにしえからのイメージ: 脱力、拍子抜け、時間。

■ ほ: ほかほか、ほくほくして、ほっとする音。
・ いにしえからのイメージ: 炎、豊か、優れたもの。
・ 「ほ」の音には、どこか人を温かく「ほっと」させてくれるところがある。
・ 「ほ」には「火」の意味がある。「ひ」の母音が変化して「ほ」になったもので、「ほくち(火口)」「ほなか(火中)」などの例がある。
・ 稲穂の「穂」は、もともと「先の方」「優れたもの」という意味で、「ほまれ」の「ほ」も同じだと言われている。「炎(ほのお)」は「火(ほ)の穂(ほ)」が語源で、まさに火の先で炎がゆらめいている様子を表している。

■ ま: 生命を象徴する、温かさと包容力。
・ いにしえからのイメージ: 包み込む、まこと、あるべき姿。
・ 赤ちゃんが最初に口にするのは「ま行」のことば。とくに、「まんま」「まま」など、「ま」の音は世界に共通して、お母さんやご飯など、赤ちゃんになくてはならないものを指している。
・ 「蛇」の「マムシ」は、「真+虫」で、「虫の中の虫」という意味。

■ み: みずみずしさ、豊かさを、感じさせる音
・ いにしえからのイメージ: 水、若々しさ、プラスのイメージを添える。
・ 水のことは、もともと「み」の一音で指していた。
・ 「源(みなもと)」は「みずのもと」という意味。つまり水が湧き出る処を意味する。「泉(いずみ)」は「出づ水」に由来する。

■ む: 結びと睦み、「む」に秘められた、2つのパワー
・ いにしえからのイメージ: 生まれ育つ、結ぶ、まわりと調和する。

■ め: 目も女も、海草も、みんな「め」
・ いにしえからのイメージ: 心の強さ、芽が出る、女性的。

■ も: もこもこ、こんもりと、柔らかく曲線的。
・ いにしえからのイメージ: 優しい柔らかさ、おっとり、燃え上がる。

■ や: 「や」で終わる名前は、親しみやすい。
・ いにしえからのイメージ: フレンドリー、いよいよ、もっと、神秘的な力

■ ゆ: おっとりとしたイメージで、女性の名前に人気
・ いにしえからのイメージ: 優雅、つながり、奥ゆかしさ。

■ よ: 善いことに転じる、夜の音
・ いにしえからのイメージ: 夜、節目、善いこと

■ ら: うららかな日に、らんらんと、歌いたくなる
・ いにしえからのイメージ: きらびやか、万能、腰の低さ。
・ 大和言葉には「ら行」で始まる言葉は無い。日本語にずっと昔からあるように見えることばでも、漢語だったり外来語だったりする。語尾に「ら」が付くネーミングとして有名なのは怪獣の名前。「ゴジラ」「モスラ」「ガメラ」。

■ り: 「きらり」と、鋭く輝く、新鮮な音
・ いにしえからのイメージ: 瞬間的、外国情緒

■ る: るんるん、くるくる、気分が動いている
・ いにしえからのイメージ: 動きのある、繁栄

■ れ: レレレと、意外な驚きと、華麗なイメージ
・ いにしえからのイメージ: 華麗さ、日本人離れ

■ ろ: あの人に、めろめろで、ぼろぼろ
・ いにしえからのイメージ: 温かみ、のんびり、野原

■ わ: 和の国の「わ」と、若々しい「わ」
・ いにしえからのイメージ: 海、若々しい、早い。

■ を: 
・ いにしえからのイメージ: 男性らしさ、男女

■ ん: のんびり、ほんのりした雰囲気
・ いにしえからのイメージ: 終わり、特別

【やまとことばの雑学】

■ 一つの大和言葉に対して、二つ以上の漢字が当てられていることがよくある。一つの大和言葉は、広い意味を持つ。同訓異字。
# はかる: 「計る」「量る」「測る」。漢語ではそれぞれの意味に対して別々の漢字を使っていたが、日本語では「はかる」ですませていた。
# うつす: 「写す」「映す」「移す」。
# ひく: 「引く」「弾く」「退く」「轢く」「曳く」。

■ それに対して、一つの漢字に対して二つ以上の大和言葉が存在する場合もある。
# 細: 「ほそい」「こまかい」。

■ 新しい大和言葉
# 立ち上げる: 例)プロジェクトを立ち上げる。パソコンを立ち上げる。当初は「起動する」という漢語を使っていたが、最近の会話では「立ち上げる」の方がしっくりくる。

■ ことあげ(言挙げ): 自分の意思をはっきりと声に出して示すこと。しかし、その言葉に誤りや驕りがある場合には、悪い結果がもたらされると信じられてきた。古代の日本人は、個人が「言挙げ」することは、神の意志を越えることであり、それは許されないと感じていた。その名残が、現在においても「大言壮語」よりも「不言実行」する人が尊敬される。これが、海外の人から、「日本人は自分の考えをはっきり言わない」と批判されるゆえんである。


【参考資料】 じぶんの名前の美しさに気づく やまとことば50音辞典 高村史司 飛鳥新社

統計表示