家康、江戸を建てる
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 読書の小部屋Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

家康、江戸を建てる 門井慶喜

 話はしょっぱなからそれますが、「関口」という名字があります。関口と言えば有名人では、「関口宏」でしょうかねぇ。

 この「関口」という名字は、「水路の関(堰)」に由来するものですが、その由来が書かれている本を見つけました。

 それが、「家康、江戸を建てる」です。

 この本は、徳川家康の関東入国に際して、江戸(関東)をどのように開発したかという逸話を書いたものです。

 「利根川の東遷」「1両小判の作製」「江戸城の石垣」などであるが、その中に「江戸に水を通す」という項があります。江戸の町は、「水(利根川)を排し」「水(神田上水)を配し」てできたともいってもよく、その中に「関口」というのが出てきます。

 「関口」の地名を検索すると、多くは東日本にみられます。「関口」という言葉が古来よりのものならば、西日本にもみられるような気がします。意外に、この江戸開発の中の上水建設に伴った「関口」が由来なのかなぁ?

 東京都文京区関口の地名もあるね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示