律令制
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 郡(ぐん・こおり): 律令制での行政区画の一つで、国の下に位し、郡司が管轄した。

■ 郷(ごう・さと): 律令制での行政区画の一つで、715年の郷里(ごうり)制の施行により「里」から変化した。
・ 郷とは荘園に対して使われた言葉で、私領の荘園に対して国領をさした。しかし、後には荘園の一角を郷と言った。
・ 大宝律令により、50戸で一つの里をつくる。後に50戸で一つの郷をつくると改められた。
・ 余部、甘利は郷制の余り。50戸で一つの郷を作ったが、55戸の集落はどうなるか?余った5戸は余戸里として「余戸」と名付けられた。「余戸」が転じて「余目(あまるめ)」や「甘利(あまり)」となった。

■ 国衙(こくが): 国衙の地名
・ 律令[りつりょう]時代に置かれた国の役所を言います。「国府[こくふ]」という言葉もありますが、「国府」はいろいろな施設を含めた広い範囲を指し、「国衙」は役所建物そのものを指します。

■ 保(ほ・ほう)
・ 律令制における郷(里)の下に置かれた末端の行政組織。
・ 平安末期から中世を通じての、荘・郷と並ぶ国衙(こくが)領内の行政区画の一単位。
・ 平安後期から現れる所領単位。
・ 戸(数十人)を5つ合わせて「保」、「保を」10合わせて「里」、「保」と「里」の間に「」がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示