字地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 字地名

・ 大字は江戸城時代の村名。小字は明治6年(1873年)に始まった地租改正事業によって作られた地籍図名のこと。江戸時代の字を4〜5をまとめた。小字地名は全国に450万。【この地名が危ない 大地震・大津波があなたの町を襲う 楠原佑介 幻冬舎新書】  

・ 市町村は江戸時代にあった約7万の村を1万5千ほどに整理して、明治22年の市制・町村制施行で発足した。その後合併により、約3000に統廃合され、平成の大合併で約2000となった。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

※ 江戸時代に合った約7万の村が、今でいう「大字」みたいですねぇ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示