「郡家」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 郡家(こおげ): 鳥取県鳥取市気高町郡家

・  地名の由来は、「因幡志」では古代の郡司の館跡であったことによるとしている。しかし、古代の郡家跡は逢坂谷中央部の上原で確認されており、水の乏しい草生地を「こおげ」ということから、逢坂谷が空谷で水に乏しいため、この地名がついたとも考えられる。【出典

・ 古代の八上郡の郡家の所在地に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】  

・ 郡家(ぐんげ): 郡衙(ぐんが)から郡家(ぐんげ)になった。「かつて郡司をつとめた有力な武士の家」という意味。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】

統計表示