「荘園」の地名の資料集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 資料集△量楴

■ 荘園制と中世の地名

・ 北条氏の発祥の地は、現在の沼津市の近くにある。「北条」の地名は「東条」「西条」「南条」と同じく古代の条里制に因む。条里地割でひらかれた土地の北の部分が俗称で「北条」になった。【出典

・ 足利: 栃木県足利市。足利の地名は、葦と草地をあらわす「かが(草処)」が結びついてできた。古代語で草を「か」と呼ぶ場合がある。【出典】 

■ 荘園の地名: 荘、保、杣、牧、御厨

・ 荘園には、‘猯瓢代以降に、有力者が大規模な開発をした初期荘園と、∧唇損代半ば以降に、地域の有力者が開いた土地を、貴族や寺社に寄進してその保護を受けるようになった寄進地系荘園とがある。【出典

・ 秋田県本荘市(由利本荘市): ここを支配した最上氏の配下の大名の楯岡氏の別名を本城氏と言ったことに因む。【出典

・ 杣(そま): 木材をとる山地を占有した荘園。【出典

・ 牧(まき): 馬を飼う草地を荘園にしたもの。【出典

■ 荘園の租税に関する地名: 免田、一色、別符

・ 米良荘: 日向国の米良荘は、「免田になった縁起のいい荘園」を意味する。菊池家の分家の米良家がそこを治めた。【出典

■ 荘園領主と荘官に因む地名: 本所、領家、地頭、下司、公文

・ 下司(げす): 領主の下役人を下司といった。下司の地名に後に「げし」読みとなった。【出典

・ 公文(くもん): 荘園の支配文書を取り扱った。【出典

・ 荘司(しょうじ): 荘園の役人。【出典

統計表示