地崩れの生物地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 地崩れの生物地名【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】より

・ 山をかき(欠き)崩す「かき地名」に「柿」の字を当て、柿原、柿谷、柿の久保、などの地名がある。がけ(崖)もかきの仲間。【「柿」の地名

・ 斜面をはぎ(剥ぎ)とる「はぎ地名」に「」の字を当て、はが(芳賀)、はこね(はこね)へも転じている。どれも崖崩れ地名。

・ 地学では1日数センチの速さのものを地滑り、それより急激なものを地崩れとしている。

・ 大阪市北区の梅田は、江戸時代には墓地のある寒村で埋めた「うめど(埋処)」から梅田になった。これじゃ災害地名じゃないね。 

統計表示