「大分県」名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 大分県: 大分県大分市 

# 考えて見ると、これなんで「おおいた」って読むんだ?土地が広かったから「大きな田」で「碩(おおき)+田(た)」と名付けたそうだ。「碩」には大きいという意味がある。

# 大分県: デルタ地帯にひらけた水田。「大き田」→「オオイタ」となった。

※ 別府: 国司のとりはからいで租税を免除されること。

・ 昔は「碩田(おおきた)」とよばれ、景行天皇熊襲征伐の時に、この地方が肥沃でひろびろしていたので名付けた。

・ 大分市は江戸時代は府内と呼ばれた。明治時代に郡名をとって大分とした。

# 豊後国風土記によると「おおきた」が転じて「おおいた」になったという。景行天皇がこの地に来た際に「広大なる哉、この郡は。よろしく大き田と名づくべし」といった事に由来する。また「多き田」に由来するとも言う。【なるほど日本 地名の由来 雑学大辞典 ISM Publishing Lab./ゴマブックス】 

# 大分の分は段中(きたなか)の「きた」で分けることを意味した。「おおきた」が「おおいた」に転じた。ちなみに、段中とは、田地一段の半分のことをいう。【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示